日本人に多い切れ長アイを「縦長デカ目」に見せるには?

目元ぱっちりで華やいだ印象に

目元ぱっちりで華やいだ印象に

切れ長でクールな目元をしている日本人。なかには、パッチリとしたキュートで丸い目元になりたい人も多いのでは? パッチリデカ目に見せるためには、目の縦幅をいかに広くみせるかが重要なポイント。そんな華やぐ目元をつくる、簡単デカ目テクニックをご紹介します。

1. アイホールに明るいオレンジのアイシャドウを塗る

目元を明るくみせるパール入りアイシャドウ

目元を明るくみせるパール入りアイシャドウ

目を大きくみせるための第一歩は、視線が目から外側に広がるような錯覚をつくることが重要です。

まず、パールの入った明るめのオレンジのアイシャドウを、目のキワからアイホール全体に塗ります。オレンジは、肌なじみもよく、またパールが入っているアイシャドウをアイホールに使用することで、ハイライト効果が得られ、印象的な目元をつくることができます。



2. 二重幅にダークブラウンのアイシャドウをぼかす

ダークブラウンで目の拡張効果も

ダークブラウンで目の拡張効果も

目頭から目尻にかけての二重の幅に、ダークブラウンのアイシャドウをのせたらアイシャドウの境目をぼかすように、二重幅よりも少しオーバー気味にアイシャドウを塗ります。

このとき、自然なグラデーションになるように、目のキワが1番濃くなるようにしましょう。

 


次ページでは、いよいよ「目の縦幅を強調するアイシャドウの塗り方」をご紹介します。