異なるタイプの宿泊施設

ザ・ムンジャンガンには過去、乾季の時期にビーチ・ヴィラに泊まり、今回は雨季の最中にモンスーン・ロッジ内のモーンスーン・デラックスの両方に泊まりました。乾季と雨季ではどちらがいいかと聞かれたら、乾季は雨が降らないので予定が立てやすいものの、雨季の緑の濃さも捨てがたいものがあるので、答えはどちらもおすすめです。1月の降雨量が最も多い時期を除けば一年中、自然を満喫できるリゾートです。
ビーチ・ヴィラ

砂浜の上に建っているビーチ・ヴィラ


ビーチ・ヴィラのベッドルーム

ビーチ・ヴィラのベッドルーム

また、カップルにはビーチ・ヴィラ、ファミリーにはモンスーン・デラックスがおすすめ。ビーチ・ヴィラは砂浜の上に宿泊施設があり、目の前が海という恵まれた環境です。隣のヴィラとの垣根はありませんが、室内は厚めのカーテンをひけば、外からは覗かれることはないので、ペライベート空間が守られています。

 

テラス

テラスでなに考えないで寝転ぶ幸せ!

1ベッドルームの広さは105平米と充分に広く、大きめのソファーもありますが、空間的には大人二人でゆったりと過ごす設計になっています。もちろんエキストラベッドを追加することもできるので、ファミリーでのご利用も問題はありません。

部屋の前にはビーチを見渡せるテラスがあり、何も考えずにボーッと過ごすにはもってこいの場所です。これほどまでに海に近い宿泊施設はバリ島では他にはないような気がします。ガイドもこのテラスでビールを飲みながら、眠くなったら昼寝という至福の時間を過ごしました。

モンスーンロッジ

モンスーン・ロッジはプールを囲んでデラックス・ルームとスイートルームの部屋が並んでいます


デラックスルーム

デラックスルームのベッドルーム、ミニバー、テレビが備わり、無料インターネット接続も可能でした

一方のモンスーン・ロッジは森の中に建てられ、プールを囲むようにして部屋が並び、お湯のジャグジーもあります。子供が遊ぶには最適な環境です。今回の滞在は雨季だったので、雨上がりの夕方はカエルの声がこだましていました。朝は清々しい小鳥達の声で目を覚まします。部屋は1ベッドルーム50平米で、ソファーベットが設置されており、大人2人と子供2人が余裕で泊まることができる広さでした。エアコン完備で夜も快適。インターネット接続もスムーズです。