日本人の約4割の人は125平米~150平米の床面積に住んでいる

持ち家住宅の延床面積平均は約138.2平米(約42坪)で、約4割の人は125平米~150平米(38坪~45坪)の広さに住んでいます。建坪にすると約62.5平米~75平米(19坪~23坪)で、総2階建ての家なら2倍の床面積になります。漠然と家を建てようと考えている人はこの範囲の広さをひとつの目安にしてみてはいかがでしょうか。

実例を通して

今回は、建坪25坪、延床面積170.16平米(51.5坪)の家の実例を見ていきましょう。延床面積が50坪を超えると平均床面積より約10坪(畳20枚分)広くなるのでかなり余裕のスペースがつくれ、プラスαの空間ができます。

家族構成 : 夫婦+子ども2人+母親
場所   : 東京都内
用途地域 : 近隣商業地域
建ぺい率 : 80%
容積率  : 300%
敷地面積 : 162.75平米(49.2坪)

undefinedundefined

東西に長い敷地です。  



次のページでは、プランニングの考え方と工夫したポイントをご紹介します。