歩く速さを合わせる

微笑み合うカップル

気遣いのポイントは、あくまでも「さりげなく」すること。

男性と女性では歩幅も歩くスピードも違います。加えて、女性はヒールの高い靴を履くこともあります。そのため、普段は歩くのが速い男性が、女性と一緒にいるときにペースを合わせてゆっくり歩いてくれたら嬉しく思います。

また、男性からしたら何とも思わない階段や坂道も、ハイヒールを履いた女性にとってはものすごく大変だったりしますから、階段や坂道を避けたルート選択をするのも女性のハートをつかむことにつながります。

駅などで階段とエスカレーターがある場合は、女性の足元と階段の方向をチラッと見て「階段、大変だよね」とさりげなく口にしてエスカレーターへ誘導すると効果的です。このように、さらりと口にすることで男性の気遣いに鈍感な女性にもアピールすることができます。ただし、恩着せがましくならないように、あくまでもさりげなくするのがポイントです。

重い荷物を持つ・重いドアを開ける

言わずもがなですが、一般的に、男性よりも女性は力がありません。女性のハンドバッグは貴重品なども入っているでしょうから持ってあげる必要はないと思いますが、明らかに重そうな荷物があれば「持とうか?」と声をかけるのも紳士的です。

また、レストランのエントランスなどにある重い扉も、女性にはなかなか開けにくいものがあります。そんなときは、すかさず扉を開けてあげましょう。

今回は、女性が思わずときめく「誰でもできるちょっとした気遣い」をご紹介いたしましたが、いかがでしたか? 当たり前のことばかりだと思う人も、メンドウだなと思う人もいるでしょう。

ですが、きっと、好きな女性のことを思えば、「どういう行動をとればいいか」自然と分かると思います。好きな女性に嫌な思いはさせたくないでしょうし、つらいことや大変なことからはなるべく守ってあげたいと思いますよね? その気持ちを軸にして行動すれば、彼女はきっとあなたの気遣いに胸を打たれるでしょう。

【関連記事】
今年こそ彼女をつくる! モテる男に必要な3つのこと
コレが本音! 女が求める「理想の男の3か条」とは?
ドキッとさせる! 男の色気に必要な3つのもの

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。