【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
「どうせ俺なんか……」「俺と違って、○○さんはスゴイなあ」。そんな言葉が口をついて出てしまう「こじらせオヤジ」。「こじらせオヤジ」とは、イケてるオヤジになれる要素を持ちつつも、他人から見たら不必要な劣等感を強く抱いている中年男性のことをいいます。女性から見ると、そんな彼らは「けっこうイイ線いっているのにもったいない人」だったりします。そこで今回は、「こじらせオヤジ」の実態に迫りつつ、「こじらせオヤジ」がイケてるモテオヤジになるための秘訣をご紹介いたします。

「こじらせオヤジ」とは?

男性を見る女性

モテオヤジになれるスペックなのにもったいない!

そもそも、「こじらせオヤジ」とは何なのでしょうか? 簡単に説明すると、「イケてるオヤジになれるスペックなのにもかかわらず、なんかこじらせていて残念な人」「平均以上のルックスと経歴をもつ40代以上の男性であるが、ある特定の事柄に異常に反応し卑屈になる傾向がある人」です。

ある特定の事柄とは、その人が一生懸命努力をした分野の事柄、努力したが手に入らなかったものに関する事柄である場合が多いようです。たとえば、受験勉強を頑張ってきた人なら学歴、イイ会社で働いているという自負がある人なら勤務先、仕事を頑張って出世街道を突き進んでいる人なら役職や肩書き、体を鍛えている人なら立派な筋肉や体形といったことです。そして、その事柄に関して「自分よりも相手の方が上だ」と感じると、普段は温厚なオジサマであっても、突然卑屈になったり、ネチネチと相手を攻撃したりします。

簡単な例を挙げると、AさんとBさんという二人の同年代の男性がいたとします。Aさんは一流私立大学卒ですが、話しているうちにBさんが一流国立大学卒ということが分かったとします。そのとたん、Aさんは、こんなことを言ったりするのです。「Bさんは、T大ですか! すごいですね~いやあ本当にすごい! 私なんて浪人しても入れなかったんですよ。すると、Bさんは会社も超一流で? やっぱりエリートは違いますねえ。年収は? もしかして、世界中に別荘とかあるんじゃないですか? 女性にも困ったことがないでしょう?」なんて、イヤ~な感じになったりします。

ちなみに、彼らはコンプレックスさえ刺激しなければ、優しい良い人に感じられます。つまり、彼らが「こじらせオヤジ」の実態をさらしてしまうのは、コンプレックスが刺激されてしまうような相手に出会ったときなのです。ところが、本人はコンプレックスを刺激されてパニック状態であっても、普段ちょっとカッコイイオジサマであればあるほど女性はしっかりと見ています。

>>次のページでは、「こじらせオヤジ」に対する女性の本音をお伝えいたします。