【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
周りの友人には恋人がいるのに、どうして自分には相手がいないんだろう。そんなことを気にする時期も過ぎ、すっかり「相手がいない」のが当たり前になってしまう人がいます。

最後にデートをしたのが記憶の彼方だったりしませんか?
「いない歴」が長くなると、不思議な現象が起こります。

「いない歴」が長くなればなるほど理想が高くなるのです。そして同時に、恋をキャッチするための「トキメキ感度」がどんどん低くなっていきます。恋愛能力が低くなるにもかかわらず、求める理想像がどんどん高くなってしまうのです。

今回は、彼氏・彼女「いない歴」が長いあなたに、もう一度恋をする方法をお話します。

理想が高くなる理由と対策

考える女性

最後に恋したのっていつだっけ?

相手がいない日常に慣れてしまうと、恋愛を特別なことだと考えてしまいがちです。そのせいで、次の恋の相手に自分の理想を求めすぎてしまうのです。

恋愛から離れているせいで恋愛能力が低くなっているのに、理想ばかりが高くなってしまう……野球でたとえるならば、バットを持ったことがない人が、いきなりメジャーでホームランを打ちたいと言うようなものです。

異性を見るときに、「外見が好みじゃない」「趣味が合わない」など、理想と違う点ばかりが気になってしまう人は気をつけてください。

これでは出会いがあっても、相手を知るより先に「なんか違う」「私の求めている人じゃない」と自ら縁を切り捨ててしまうことになります。

条件だけではなく、きちんと相手と向き合い「その人そのもの」を見ることが必要です。

もしかしたら、あなたが理想の恋人の条件に掲げていたことは、取るに足らないことかもしれないのです。

経験しないと分からないのが恋愛です。頭の中で考えてばかりでは、理想ばかりが高くなって余計に動きが取れなくなってしまいます。

ときには出会いの現場に飛び込んでみてはいかがでしょうか。いくつもの出会いを重ねるうちに、本当に自分に合った相手が分かるものです。

「失敗しないように上手に恋をしなくちゃ」「理想通りの最高の相手とだけ恋したい」などと気負わずに、どうか肩の力を抜いてください。もし失敗しても、その経験を次に活かしていけばいいのです。失敗は成功のもとです。失敗もしないで、いきなり成功することの方が難しいと思いませんか?

次のページでは、「トキメキ感度」が低くなる理由と対策についてお話します。