なんだか毎日つまらない、将来への不安がある、寂しい……私ってなんか不幸かも。幸せになりたい。結婚すれば変わるかも? 誰か私を幸せにしてー!

そんな他人任せでは、残念ながら素敵な相手とは結ばれません。なぜなら、女性が望むイイ男ほど「幸せにして系女子」をさりげなく回避するからです。今回は、その理由についてお話します。

まずは、「幸せにしてマインド」の問題点から見ていきましょう。

「幸せにしてマインド」では幸せはやってこない

コーヒーを見つめる女性

「幸せになりたい。誰か幸せにして」なんて考えていませんか?

自分は「一人だから不幸せ」なんだと思っていませんか?

しかし、それは間違いです。一人でも心が満たされている人同士が一緒にいるからこそ、幸せな二人になれるのです。

決して、誰かと一緒にいるだけで幸せになれるわけではありません。幸せとは、誰かから与えられるものではないからです。

たとえば、他人がうらやむほど裕福でも不幸だと感じる人もいますし、貧しくても幸せだと感じる人もいます。

どんな状況でも幸せを感じられれば幸せになれます。反対に、世間一般の尺度でどんなに完璧に幸せの基準を満たしていても、幸せを感じられなければ不幸せなのです。

いつだって、幸せかどうか決めるのは他の誰でもなく自分自身です。つまり、自分で自分を幸せにできる人しか幸せにはなれないのです。

交際相手や結婚相手に幸せにしてもらおうとするのではなく、まず自分で自分を幸せにしましょう。

といっても、大袈裟に考える必要はありません。毎日の中でちょっとしたことを幸せだと感じるクセをつければいいだけです。

ぬいぐるみでも詩集でもアクセサリーでもなんでもいいから好きな物を身近に置いて気分を上げたり、好きな香りで癒されたりするのもいいですね。

電車の乗り換えがスムーズだったり、渡ろうとした信号が全部青だったりという日常の中での「よかった探し」をしてプチハッピーに敏感になるのも大事。

スウィーツを食べたり、ショッピングをしたり、仲良しの女友達と好きなだけ話したり、好きな仕事に没頭したり、好きなモノ・コトで自分の周りをできるだけ埋めることが大切です。

これにより気持ちに余裕が生まれ、自分自身を好きになったり、幸福感で心が満たされるようになります。ぜひ、心を柔らかくして毎日を楽しく過ごしてください。

次のページでは、イイ男が「幸せにしてマインド」の女性を回避する理由についてお話します。