北海道のパワースポットで「開運の旅」

北海道のパワースポット 恋愛運・金運アップ・開運のおすすめスポット

早朝の大沼 

グルメに温泉、アウトドア。北海道の旅は様々な楽しみがありますが、時には「開運の旅」というのはいかがですか?

大自然に恵まれる北の大地は、風水エネルギーが強いパワースポットもいっぱいです。今回はパワースポット調査で全道をくまなく歩いた「北の風水師」のこの私が、願いを叶えるパワースポットや恋愛運、金運アップなどなど、様々な観点から厳選した北海道のパワースポット18箇所を紹介します。

<目次>
あなたの願いが叶う北海道のパワースポット
1. 北海道神宮の開拓神社
2. 大沼駒ヶ岳神社の大岩
3.霊木・千本ナラ
恋愛運を高める北海道のパワースポット
4.登別の地獄谷
5.洞爺湖の中島
6.旭岳の夫婦池
金運アップに効果のある北海道のパワースポット
7.然別(しかりべつ)湖の弁天島
8.阿寒湖のヤイタイ島
9.せたな町の事比羅(ことひら)神社
ミステリアスな北海道のパワースポット
10.忍路・西崎山のストーンサークル
11.稚内・坂ノ下神社の龍神沼
12.裏摩周・神の子池
水取りができる北海道のパワースポット(水取りとは
13.京極のふきだし公園湧水
14.千歳神社の「幸井の水」
15.豊滝龍神の「龍神の水」
元気とやる気が出るパワースポット
16.  大滝ナイアガラの滝
17.  山彦の滝
18.  神威岬
 

あなたの願いが叶う北海道のパワースポット

北海道神宮の開拓神社
undefinedundefined

北海道神宮の拝殿

北海道民にとってスピリチュアルシンボルともいう言うべき北海道神宮。ここは藻岩山と手稲山、二つのルートから流入して来る風水エネルギーが合体するという風水上きわめて重要な場所で、札幌市内では最強のパワースポットの一つとなっています。

その中でも特にオススメな聖域が、神宮境内に設置されている開拓神社。拝殿裏から流入する手稲山のエネルギーと西の円山側にある第三鳥居から来る藻岩山のエネルギーの二つが集結する開拓神社での真摯な祈りは「神気」に通じ、きっと実現にむかって進み出すことでしょう。
   

二つのエネルギーが合流

北海道神宮と開拓神社は、地下鉄円山公園からお手軽に行ける街中パワースポットです。ぜひ札幌観光の合間に参拝いただき、「神宮パワー」をゲットしてください。
undefinedundefined

早朝の開拓神社

なお、北海道神宮と開拓神社に関しては下記記事も合わせてご覧ください。

風水師直伝!札幌の風水パワーとは?」

「北海道神宮でご利益を得る五訓。北の聖地で開運!」

北海道神宮のDATA
住所:札幌市中央区宮ヶ丘474   
電話:011-611-0261
<目次>に戻る

大沼駒ヶ岳神社の大岩
undefinedundefined

大沼駒ヶ岳神社

駒ヶ岳から風水エネルギーが入する大沼湖畔の北岸に大沼駒ヶ岳神社という小さな神社があります。その左横にある巨大な大岩は、江戸期の寛永17年(1624年)、駒ヶ岳大噴火の時に山頂から落下してきたとのこと。
undefinedundefined

大岩の割れ目を通り抜け、難関突破!

この大岩には巨大な割れ目があり、そこを通るエネルギーを受けるとあらゆる難関を突破できる「岩を貫くパワー」が授かるという言い伝えがある強力なパワースポットです。道南の龍・駒ヶ岳の分身とも言えるこの大岩はまさに「龍のパワー」そのもの。受験や就職、転職など人生の大きな転機を迎える方にはオススメのパワースポットですね。

なお、この大岩は令和元年9月時点で「実際の通り抜け」ができない状態ですが、そこを流れる「氣」をキャッチするだけでも効果は充分ですよ。

大沼駒ヶ岳神社のDATA
住所:亀田郡七飯町東大沼   
問合せ先:七飯大沼国際観光コンベンション協会 0138-67-3020
関連サイト:http://www.hakobura.jp/db/db-view/2012/08/post-216.html
<目次>に戻る
 

■霊木・千本ナラ

undefinedundefined

霊木・千本ナラ

札幌の北に位置する石狩市の浜益には、林野庁の「森の巨人たち100選」にも選ばれた樹齢820年のナラの木があります。幹から千本の枝が伸びているその姿から千本ナラと呼ばれて地元の方から崇められているこの霊木、その樹肌に触れると病気が治る、また杓文字(しゃもじ)に願いを書いて供えると、願いを叶えてくれると言われています。

周囲が6m以上もある巨木に注連縄が張り巡らされ、そこには願い事が書かれたたくさんの杓文字が。そして木々に囲まれてたたずむ霊木の周辺は、爽やかな「気」のエネルギーで満ちあふれています。昔から樹齢100年を越える古木には精霊が宿ると言われています。山奥にたたずむ「森の親爺」と対話しながら自分の願いを聞いてもらう……そんな静かな一時を味わうことができるパワースポットです。

なお、3本ある千本ナラの右手と真ん中は2016年秋の台風で被害を受けましたが、左手は今なお健在とのこと。台風という自然災害をも乗り越えた強力なパワーを合わせてゲットできるかも知れませんね。
undefined

樹の回りにはたくさんの杓文字が……

千本ナラのDATA
住所:石狩市浜益区送毛   
問合せ先:森林管理局 石狩森林管理署    011-563-6111
関連サイトhttp://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/rest/story/giant/senbonnarar.html
<目次>に戻る
 

恋愛運を高める北海道のパワースポット

■登別の地獄谷
  

紅葉の地獄谷

豊富な湯量と優れた泉質で多くの観光客が訪れる登別。ここには倶多楽湖(くったらこ)や大湯沼、また火口から噴煙があがる日和山など風水エネルギーの強い場所がたくさんありますが、その中でも一層パワフルな場所が、温泉街の奥にある地獄谷です。

地獄谷の入口からは木製の遊歩道が整備されており、中心付近にある間欠泉の湧出場まで行くことができます。谷の至る所から水蒸気とともに強いエネルギーが噴出しているので、遊歩道を散策するだけでも充分にパワーを取り込む事ができますが、運よく間欠泉が吹き出す時間帯に行くことができれば、より大きな「火の力」を得ることができるでしょう。
undefinedundefined

谷の中心付近にある間欠泉

闇を照らしだす「火」は「願いを実現する力」であり、また「美を司るエネルギー」。登別の名泉と地獄谷の火のパワーでダンディーさや女子力を高め、素敵な恋愛を引き寄せてください。なお、登別に関してはオールアバウト記事「北海道の登別で発見!火と水のパワースポット3選」にも掲載していますので、あわせてご覧ください。

登別・地獄谷のDATA
住所:登別市登別温泉町無番地   
問合せ先登別観光協会 0143-84-3311
<目次>に戻る

■洞爺湖の中島
undefinedundefined

洞爺湖の中島

洞爺湖は周囲の山がその内部に「水」を抱く吉相の地=「山環水抱(さんかんすいほう)」と称するパワーゾーン。羊蹄山から南下して来るエネルギーが滞留している湖畔周辺は全体的に爽やかな「気」で満ちあふれています。

洞爺湖でのおすすめスポットが湖中に浮かぶ中島です。島に上陸したら、アイヌの乙女と戦士が桂の木に化身して結ばれたという伝説がある「ウンクル・セトナの桂の木」というご神木で、縁結びのパワーをゲットしてください。
undefinedundefined

ウンクル・セトナの桂

せっかく島まで来たのですから、森林博物館のゲートを抜けて、散策道の奥にある「大平原」まで足を延ばしてみましょう。何の変哲もない草地ですが、実はこの場所、北から来る羊蹄山のエネルギーを左右と後ろの山がブロックする「四神相応(ししんそうおう)」と称する最強のパワースポットです!現地までは約1時間の風水トレッキングですが、中島の自然を楽しみながら強力なエネルギーを吸収するには絶好の場所ですよ。
  

強力なパワースポット・大平原

それと、洞爺湖にはおすすめのパワースポットがもう一つ。そこは、中島の南西に浮かぶ双子島、観音島と弁天島です。
undefinedundefined

洞爺湖、中島の南西に浮かぶ弁天島

特におすすめのパワースポットが弁天島。島には弁天堂と呼ばれる赤い三重の塔があり、その中には美と芸術、財運を司る「中島弁財天」が祀られています。中島、観音島、弁天島の3島を巡ることができれば、恋愛運、金運、ビューティー運をトリプルでゲットすることができます。
undefined

弁天堂。その中には美と芸術、財運を司る「中島弁財天」が祀られている

注:現在は観音島、弁天島へは洞爺湖観光汽船が立ち寄っておらず、ここに行く為には新たに船をチャーターする必要があります。

洞爺湖・中島のDATA
住所:虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉142      
問合せ先:洞爺湖温泉観光協会 0142-75-2446
関連サイト:http://www.laketoya.com/
<目次>に戻る

■旭岳の夫婦池
undefinedundefined

東の祖山・旭岳

アイヌ語でカムイミンタラ=神々が遊ぶ庭と呼ばれる旭岳。ここは北海道東エリアのエネルギー噴出口=「祖山(そざん)」で、山頂付近に点在する噴気孔周辺は旭岳のエネルギーがダイレクトに噴出している場所です。

旭岳ロープウェイ終点の姿見駅から山に向かって遊歩道を歩くこと約10分。第三展望台の先、左右に二つの池が見えてきます。左手(写真では右)の大きな池が鏡池、そして反対側の小さな池が擂鉢(すりばち)池。大=男性と小=女性を二つ合わせて夫婦池とも呼ばれています。
undefined

右・鏡池と左・擂鉢池のペア・夫婦池

ここは一人でももちろんOKですが、できればカップルで行きたい場所。男性と女性、それぞれの池で二人の愛を誓えば、旭岳に遊ぶカムイ(神)がきっと二人のきずなを強めてくれるはずですよ。

夫婦池のDATA
住所:上川郡東川町旭岳温泉
問合せ先:大雪山旭岳ロープウェイ 0166-68-9111
サイト:http://asahidake.hokkaido.jp/ja/
<目次>に戻る
 

金運アップに効果のある北海道のパワースポット

■然別湖(しかりべつこ)の弁天島
undefinedundefined

天空の湖・然別湖

道東・十勝平野の北に連なる大雪山系の山中にある、然別湖。標高810mのここ「天空の湖」は、かつてアイヌの人々から聖域とされた場所で、湖畔周辺は神秘的な「気」で満ちあふれています。
undefinedundefined

湖に浮かぶ弁天島

その湖中に浮かぶ幻のパワースポット・弁天島。ここは普段上陸ができない「禁断の島」ですが、湖岸の道路や遊覧船の上から風水エネルギーを吸収することができます。島の主祭神・弁財天は美や芸術、金運を司る女神様。島に向かって祈りを捧げ、弁財天のご利益である金運をゲットしてください。なお、然別湖の弁天島に関してはオールアバウト記事「 幻のパワースポット・然別湖の弁天島に上陸!」 にも詳しく記載しておりますので、合わせてご覧ください。

弁天島のDATA
住所:河東郡鹿追町然別湖畔
問合せ先:然別湖ネイチャーセンター 0156-69-8181
<目次>に戻る
 

■阿寒湖のヤイタイ島

undefined

阿寒湖のヤイタイ島

阿寒湖は、外輪山が「龍がとぐろを巻く」ように内側の「水」にエネルギーを貯める「山環水抱(さんかんすいほう)の吉相の地」。その湖に浮かぶ周囲300m弱の無人島・ヤイタイ島は北海道の中で最もエネルギーが強力なパワースポットの一つです。

島には「白龍神王(はくりゅうしんのう)」をお祀り小さな祠があります。蛇の化身である龍神は金運を呼び込む守り神。また白い色は風水の五つの力=五行(ごぎょう)で「金」を表すシンボルカラーですので、白龍は金運のパワーそのもの。
undefinedundefined

白龍神王の祠

遊覧船の上から、またもしできるなら実際に島に上陸して、強力な金運を司る白龍神王のエネルギーを存分に吸収してください。なお、ヤイタイ島に上陸して参拝を希望する方は湖畔の釣り船センター「フィッシィングランド阿寒」に相談してください。

ヤイタイ島のDATA
住所:釧路市阿寒町阿寒湖温泉 
問合せ先:フィッシィングランド阿寒 0154-67-2057
関連サイトhttp://www.gutabi.jp/pickup/detail/206
<目次>に戻る
 

■せたな町の事比羅(ことひら)神社

undefinedundefined

事比羅神社の拝殿

道南のせたな町。ここには、急な石段と山道、断崖を登った洞窟の中にある「太田神社」や、日本海から顔をだした三つの岩「三本杉岩」、ひょっこりひょうたん島のように池に浮かんでいる「浮島」など、ちょっとユニークなパワースポットが盛りだくさん!その中で、金運のシンボルを大きく掲げた神社が、町の海岸沿いにある事比羅神社(ことひらじんじゃ)です。

こちらの主祭神は、五穀豊穣を司る大物主(おおものぬし)の大神。この神様が姿を変えると、打ち出の小槌から大判、小判をザックザク出してくれる大黒様になるとも言われ、まさに金運を呼ぶ神様でもあります。

そして神社の屋根を見上げれば、なんとそこには金運のシンボル・大きな丸金の印が燦然と輝いているではありませんか!
undefinedundefined

燦然と輝く金印

町を訪れたら、まずはご神前で入念に参拝。その後に上を見上げて、この金運のシンボルをあなたの潜在意識の中に強烈に焼き付けておくようにしてください。また、これを写真で撮り、あなたの携帯やスマホの待ち受け画面にしておくと、より効果は大きいかも知れませんよ。

事比羅神社 DATA
住所:久遠郡せたな町瀬棚区三本杉34-1
関連サイトhttp://www.hokkaidojinjacho.jp/data/03/03044.html
<目次>に戻る
 

ミステリアスな北海道のパワースポット

■忍路・西崎山のストーンサークル

undefined

忍路ストーンサークル

小樽市から余市町に抜ける山間の農道、通称「フルーツ街道」と呼ばれる道沿いには、ストーンサークル(環状列石)と呼ばれる不思議な遺跡が点在しています。その中で大きなものが、小樽の忍路(おしょろ)ストーンサークルと、余市の西崎山ストーンサークルです。

今から3500年前の縄文期に作られたこの遺跡は、古代のお墓だったとか、日時計の一種だ、いや神に祈りを捧げる場所だったなどなど諸説入り乱れ、いまなお謎が解明されていないのが現状。
undefined

西崎山ストーンサークル

実際に現地に行ってみるとストーンサークル周辺には強力なパワーが集中しており、何かエネルギーの転換に関する古代のテクノロジーの遺跡だったかも、なんていう想像が頭をよぎります。現代科学で解き明かせない古代の謎に思いを寄せながらミステリアスな雰囲気に浸ることができるパワースポットですね。

忍路ストーンサークルのDATA
住所:小樽市忍路2丁目
問合せ先:小樽市総合博物館 0134-33-2523
関連サイトhttp://www.city.otaru.lg.jp/simin/gakushu_sports/bunkazai_isan/bunkazai/

西崎山ストーンサークルのDATA
住所:余市郡余市町栄町
問合せ先:余市観光協会 0135-22-4115
関連サイトhttp://2009yoichi.blog45.fc2.com/blog-entry-58.html
<目次>に戻る
 

■稚内・坂ノ下神社の龍神沼 

国道106号線、通称オロロンラインを稚内に向かって北上して行くと、坂の下海水浴場を過ぎたあたりの道路脇に白い大きな鳥居が見えます。その鳥居脇には「伝説ノ龍神沼」という指標が。
undefinedundefined

国道脇の鳥居を上ると、そこには伝説の沼が……

この急な階段を上った丘陵の上に祀られている坂ノ下神社の脇にある「龍神沼」。ここは、はるか対岸に見える利尻のパワースポット・姫沼と池の底がつながっているという不思議な言い伝えがあります。
undefinedundefined

坂ノ下神社の脇にある龍神沼

もちろん物理的に池の底がつながっているというわけではありませんが、実際にこの場所に立ってみると何やら対岸の利尻富士から鳥居を通して流入してくるパワフルな「気」がビリビリと感じられます。利尻のパワースポット・姫沼とある種のエネルギーでつながっている事からこんな伝説が生まれたのではないか? そんな幻想を体感できるミステリアスなパワースポットです。なお、龍神沼をはじめ利尻、礼文、稚内のパワースポットに関しては、「風水師厳選!北海道最北のパワースポット10選」にも詳しく掲載しておりますので、合わせてご覧ください。
undefinedundefined

鳥居を通って利尻のパワーが…

坂ノ下神社・龍神沼のDATA
住所:稚内市西浜4丁目
問合せ先稚内観光協会 0162-24-1216
<目次>に戻る

■裏摩周の神の子池 
undefinedundefined

遊歩道を通って神の子池へ

北海道有数の観光地、摩周湖を北上することおよそ10km。深い森の中にエメラルドブルーのミステリアスな池があります。その名は神の子池

駐車場から渓流沿いの遊歩道を歩くこと数分。森の奥に鎮座する神の子池はライトブルーとエメラルドグリーンに彩られ、まるで宝石のような輝きを醸し出しています。そして透明度の高い池の底には流木が…。それらをよく見れば五角形に組み合わさっており、風水で霊的パワーを持つといわれる「五行の印」を形成しており、まるで神聖な池を結界で守っているようではありませんか。
undefinedundefined

池の底に沈む五角形の流木

美しい翡翠色の池とそこに漂う不思議な「気」の波動、そして力を象徴するかのように水底に沈む五角形の印……。神の子池は、まさに「カムイ(神)の子供」の名前にふさわしいパワースポットと言えるでしょう。なお、神の子池をはじめ阿寒湖、屈斜路湖、摩周湖のパワースポットに関しては、「阿寒・屈斜路・摩周湖の絶景パワースポット巡り」 にも詳しく掲載しておりますので、合わせてご覧ください。

神の子池のDATA
場所:北海道斜里郡清里町清泉
問合せ:きよさと観光協会 0152-25-4111
関連サイトhttp://www.kiyosatokankou.com/kaminokoike.html
<目次>に戻る
 

水取りができる北海道のパワースポット

「気のエネルギーは風によって運ばれ、水に貯えられる」

これは、風水の語源ともなった理論です。パワースポットのエネルギーをゲットするには、「その場所の気」を貯える水を持ち帰り、それを実際に飲む、あるいは料理などに使用する「水取り」という方法が効果的。ここでは、パワースポットとして風水エネルギーを吸収しながら合わせてその「土地の気」をふんだんに貯め込む「水」を取水できるおすすめスポットを紹介します。
 

■京極のふきだし公園湧水

undefined

園内を散策しながら「癒やしの気」を吸収

北海道西エリアの風水エネルギー噴出孔・「西の祖山(そざん)」である羊蹄山の周辺は、真狩村の羊蹄山の湧き水やニセコ町・さかもと公園の甘露水など名水スポットがたくさんありますが、その中でもおすすめが京極町のふきだし公園です。こちらの水は、羊蹄山の伏流水がわき出したもので、日本名水百選や北海道遺産にも選ばれているすぐれもの。広い公園内には、羊蹄山のエネルギーをたっぷり含む渓流や池のまわりに吊り橋のある散策路が巡らされ、園内を散策しながら優しい「癒やしの気」を吸収できます。
undefinedundefined

ふきだし公園の取水場所

園内にはレストラン、バーベキューハウスまで整備されており、ここから車なら5分の距離に京極温泉という町営の日帰り温泉もあります。羊蹄山から来るダイレクトなエネルギーに満ちた水辺を散策しながら祖山のエネルギーを吸収し、お腹がすいたら地場産の肉や野菜のバーベキューを堪能。お土産においしい水を取水し、そして帰りは京極温泉で入浴。ここ京極のふきだし公園は、一石三鳥の役割を兼ね備えた風水トラベル好適地と言えましょう。なお、風水トラベルの詳しい内容は「風水トラベル第2章 基本の5つのアクション」に掲載していますので、ぜひご覧ください。

ふきだし公園のDATA
住所:虻田郡京極町字川西
問合せ先:京極町役場企画振興課 0136-42-2111
関連サイト:http://www.town-kyogoku.jp/kanko-event/fukidashi-park/

<目次>に戻る

■千歳神社の「幸井の水」

undefined

支笏湖の「水龍」が入り込む千歳神社

1658年に弁財天をお祀りしたのが始まりと言われる、道内では由緒ある千歳神社。ここは支笏湖に蓄えられたエネルギーが千歳川に沿って流れ、「水龍(すいりゅう)」として境内に入りこんでいるパワースポットです。参道から石段を上って境内に入ると、森に囲まれた本殿付近は神聖な気に満ち、国道を行き交う車や新千歳空港に発着するジェット機の騒音から隔絶された異空間が形成されています。

undefined

幸せを呼ぶご神水「幸井の水」

まずは、美と芸術、金運を司る弁財天にゆかりのある当神社の本殿で参拝。その後は、石段を降りて左手にある「幸井の水」をいただきに行きましょう。このご神水はナイベツ川湧水群と呼ばれる支笏湖の伏流水が湧き出たもので、硬度20.2という超軟水の「美味しい水」であるとともに風水エネルギーもたっぷり。筆者もことある事に利用させていただいています。新千歳空港の行き帰りにペットボトルを持ってちょっと立ち寄り、「金運のご利益」と「幸せを呼ぶ水」をお土産に持ち帰る……こんな旅ができるのも千歳ならではですよね。

幸井の水のDATA
住所:千歳市真町1番地
問合せ先千歳神社社務所 0123-23-2542 
<目次>に戻る
 

■豊滝龍神の「龍神の水」

undefinedundefined

豊滝龍神の拝殿。右横は取水小屋

昔、冬の寒修行をしていた行者さん達が龍神様のお告げを受けてそこに神社を作ったという札幌の霊的パワースポット「盤龍山信行院」。地元では通称「豊滝龍神」と呼ばれている神仏習合のこの神社は、羊蹄山から札幌市内に流入するエネルギーのルート上にあり、まさに「龍の通り道」に位置しています。

札幌から定山渓に向かう国道沿い、豊滝にある「道路情報館」を左折してしばらく進むと「盤龍山信行院」と書かれた碑があり、そこから未舗装の山道を登ること数分で駐車場に到着。この一画は「豊滝・市民の森」として整備されており、エリア内には日蓮宗のお寺と龍神神社を兼ね備えた拝殿の他、複数の龍神様をお奉りしている「龍神堂」、拝殿から少し山道を登った奥には「本殿」や「馬頭観音」を奉った石碑も。

undefinedundefined

「龍神の水」の噴出孔

拝殿の横には、「龍神の水」と呼ばれる地下水を取水できる小屋(写真右手)もあり、休日はたくさんのペットボトルや取水タンクを携えた人たちで賑わっています。風水パワーを貯えるこちらの「龍神の水」は、単に美味しいというだけでなく、地元の方によると実際にアトピーの改善や喘息にも効果があるとのこと。

神様と仏様の両方の御利益が得られ、おまけに健康開運にも効果がある水を取水できるこのパワースポット、気候が良い時期ならお弁当持参で水取りを兼ねた「風水ハイキング」に出かけるというのも楽しいかも知れませんね。

豊滝龍神の水DATA
住所:札幌市南区豊滝195 市民の森
問合せ先:簾舞町まちづくりセンター 011-596-2059
関連サイト:http://www.city.sapporo.jp/minami/gaiyo/saihakken/1303.html
案内マップ:国道から現地までわかりにくいので、筆者製作による案内マップを参照ください。

undefinedundefined

豊滝龍神の案内マップ

 

元気とやる気が出るパワースポット

■大滝ナイアガラの滝
  

大滝ナイアガラの滝

洞爺湖と支笏湖の中間地点に位置する大滝区(旧大滝村)に「大滝ナイアガラの滝」とその名もユニークな滝があります。ここは祖山・羊蹄山からホロホロ山を経由して流れてきたエネルギーが「長流川(おさるがわ)の水龍」として流入するパワースポット。
 

滝の落差は5mと小規模ながらもその幅は100m。「ナイアガラ」という名の通り、広い川幅いっぱいに流れ落ちる滝の前に立つと、水滴に混じって降り注ぐ「氣のシャワー」を全身から吸収でき、みるみる元気とやる気がわき上がってきます。

  

マイナスイオンシャワーポイントの看板表示も

滝の正面にある広場には「マイナスイオンシャワーポイント 大滝ナイアガラの滝 70,000個/cc」の看板表示も。マイナスイオンそのものが「風水エネルギーレベル」をカウントする数字か否かは別としても、ここがパワフルな「氣」に満ちあふれた場所であることに異論はありません。
  

紅葉の秋には、その姿が一変…

紅葉の秋になると力強い男性的な滝から女性的な優しい滝へとその姿を変えます。パワフルな「陽」とたおやかな「陰」、この季節によって陰陽の氣が入れ替わるという点は、他のパワースポットにはない「大滝ナイアガラの滝」ならではの特色と言えます。

なお、この下流に位置する北湯沢温泉のホテル「緑の風リゾート」には、風水エネルギーがダイレクトに流入している日本でも珍しい「パワースポット露天風呂」があります。観光で当地を訪れる機会があれば、宿泊を兼ねて一度その「温泉パワー」を体験されてみてはいかがでしょうか?

詳しい情報は「北海道北湯沢にパワースポット温泉が!?緑の風で開運入浴」に掲載してますので、合わせてご覧ください。

大滝ナイアガラの滝のDATA

住所:伊達市大滝区上野町
問合せ先:伊達市大滝総合支所0142-68-6111
関連サイト:http://okutoya.com/sightseeing/otaki/niagara.html
<目次>に戻る
 
■山彦の滝

  

山彦の滝

北海道オホーツク・遠軽町丸瀬布にある山彦の滝。28メートルから流れ落ちる勇壮な滝の裏側には大きな空洞があり、裏側から滝を通して外を見渡せることから別名「裏見の滝」とも呼ばれています。
 
北海道東の祖山・旭岳からオホーツクに向かって北上する風水エネルギーがこちらで滝とともに降り注いできますが、その「氣」は裏の空洞に滞留しています。
   

滝の裏側には洞窟が

ここを訪れたらぜひその内部に入り、滝のパワーが滞留する「エネルギーの洞窟」で大きく深呼吸を繰り返しながら「山彦の氣」を全身に取り込んでください。これであなたの体内の邪気は一気に浄化されて「健康レベル」もアップし、明日からまた元気な毎日を送ることができるでしょう。

山彦の滝のDATA
住所:紋別郡遠軽町丸瀬布上武利
問合せ先:遠軽町丸瀬布総合支所(産業課)0158-47-2213
関連サイト:http://engaru.jp/
<目次>に戻る

■神威岬

  

神威岬

西の祖山・羊蹄山から噴出した風水エネルギーの一部は。その北西・積丹半島の山々を経て神威岬に流れていきます。左右を日本海という「水」に挟まれたこの岬は「氣の動脈」とも言えるエネルギーの流れが早い場所。岬の付け根から神威岬を眺めると、その姿は「大海に向かって泳ぎだす龍」にも見え、その姿を見ているだけで元気になってきます。
  

岬の先端に続く遊歩道

せっかくここを訪れたのですから、岬の入り口にある「女人禁制」と書かれたゲートをくぐり抜け(もちろん現在は女性もOK。ただ天候不順の日は閉鎖されます)、「龍の背中を進む」ように設置された遊歩道を通って岬の先端まで歩いてみましょう。
  

「昇龍」のシンボル・神威岩

アップダウンのある切り立った断崖の上を歩くことおよそ800mで岬の先端に到着。そこには「積丹ブルー」と呼ばれる真っ青な海、そして高さ41mの奇岩・神威岩の「絶景」が……。

日本海から天に向かって伸びるその姿は、まさに「昇龍」のシンボル。あなたが悩み、苦しみに陥っている時、また人生の決断に迫られている時、この海中から飛翔する昇竜・神威岩は大きな力と勇気を与えてくれることでしょう。

神威岬のDATA
住所:積丹町神威岬
問合せ先:積丹観光協会 0135-44-3715
関連サイト:https://allabout.co.jp/gm/gc/480608/#d

<目次>に戻る

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。