「三宮センター街」横のビル地下は定食パラダイス!

「さくっと三宮でお昼にしよう」という時に、おすすめしたいのが「三宮センタープラザ」ビル地下のグルメ街です。そこは、「安い・早い・ウマー」の定食パラダイス街。
さあ、地下へ美味しいもの食べに行こう!

このエスカレーター地下が、定食パラダイス。三宮そごう側からセンター街に入って、右側となります。一見ファッションビルに見えるけれど、地下は別世界です。地下入口は、この先も通りに沿う形で、何か所かあります。

JR・私鉄・地下鉄の5駅が集まる「三宮センター街」は、観光やビジネスの起点となるアーケード通りですが、屋根のあるセンター通りに沿って路面ショップが両側に並んでいるため、その途中に「三宮センタープラザ」+「さんプラザ」+「センタープラザ西館」という独立したビルが組み込まれていることに初めての方は気がつきません。

3つのビルは連結しているため、まとめて「さんセンタープラザ」という名称をつけたホームページもあるのですが、残念ながら神戸人でもビル名称はさほど知らないまま、「センター街の横の地下で、ご飯食べよう」で通じ合っています。

ハラヘリさんもコバラさんもOK

がっつり食べたいアナタにも優しいお店が、たくさん揃ってます。


地下はセンター街にそって延々と続く長い食堂街ですが、どの店もさほど大きくはなく、その分、店の数と種類が多彩なのが特長です。昭和のバブル前からの建物とあって、神戸老舗の支店もあれば女子好みのワンプレートカフェあり、食券販売機のある中華カウンター、本格アジア屋台など、脈絡なく何でもあります。 小さいスペースで出店できるためか、脱サラ店主によるチャレンジ店などもあり、その顔触れも変わらないようでいて、けっこう頻繁に変わっています。

今日は何にしようかな、の幸せ

とにかく、通りが長くて奥深いので、本気で歩き回ると悩みます。今回は紹介していませんが、スイーツのお店なんかもここに隠れてます。


店が多彩な分、お客様の年齢も性別もいろいろ。女子大生が一人で食事に来ても、早メシを決めた部長と部下が駆け込んできても、誰をも受け止めてくれる懐の深さがある場所です。

では、次ページから、おすすめする店を紹介します。