新幹線「新神戸駅」の「淡路屋」駅弁カウンターへ、GO!

新神戸駅ではいろいろなお店の駅弁が、駅構内数か所で売られています。明治創業の老舗「淡路屋」駅弁のメインのお店は、新幹線改札に向かう通路横の駅弁カウンター。

改札内の休憩エリアと乗車ホームにも「淡路屋」コーナーはあります。ここはカウンターで売り切れになったお弁当が残っていることもある穴場なのですが品数は限られます。基本的には、改札前の駅弁カウンターで選ぶのがおすすめです。

淡路屋カウンター

通路横の駅弁カウンターには2社が出店。向かって右半分が「淡路屋」エリアです。柱の横には、お弁当実演コーナーもあります。



おすすめ1 コンパクト型「幕の内」弁当シリーズ

仕事で新幹線を利用することが多いガイドのイチオシは、座席でさっと食べられるコンパクト型の「幕ノ内」シリーズ。資料を読みながら気軽につまめるし、お腹がいっぱいになりすぎないので、打ち合わせ先で急に「食事もご一緒に」となっても対応できます。

私の愛する定番「六甲山縦走弁当」は、ご飯がおにぎりなので食べやすく、おかずもお肉・魚介・野菜とバランスよく入っているので満足度大!経木のような弁当箱も高級感があります。
最近では「日本の朝食弁当」も登場。こちらも誰からも愛される定番メニューだけど、どこか気がきいてる内容になっています。

六甲山縦走弁当

六甲山縦走弁当620円(税込) 味が濃すぎず、美味しいです。量はちょっと少なめで、そこがイイんです。


日本の朝食弁当

日本の朝食弁当 520円(税込) 乗車時間が短いときでも、さっと食べられます。朝以外も売ってます。