神戸パンダの動画&最新レポートをお届け!

神戸の王子動物園で飼育されている、雌のジャイアントパンダ・タンタン。神戸市が古くから中国と深くつながりを持ってきた縁により、神戸に2000年7月にやってきました。当初予定10年だったレンタル期間も延長されて、神戸パンダは今日も元気に暮らしています。

神戸パンダundefinedごきげん

自分をカワイイと分かってやってるのでしょうか?わざわざタイヤの中に入って、このポーズ。



神戸市立王子動物園「パンダ館」へGO!

タンタンがいる神戸市立王子動物園は、1951年開園ということで、神戸の人間なら誰もがおなじみ。人生初の遠足と初デートが、どちらも王子動物園だったという人もけっこういるのではと思われます。「パンダ館」は正面ゲートから短い坂を上ってすぐ。来園時とお帰り前の2回、立ち寄ることができる絶好の場所にあります。

王子動物園ゲート

動物園のロゴ看板にもパンダが。子供は中学生まで入場料無料です。



「パンダ館」には、屋外運動場と室内運動場、そしてとってもジャイアントなジャイアントパンダぬいぐるみと一緒に写真が撮れるフォトポイントが用意されています。王子動物園「パンダ館」の魅力は、すごく近い距離でゆっくりとパンダが見られること。人気者の希少動物パンダですから、もちろん大切にされてはいるのでしょうが、「パンダ館」の作りや面積など、他の動物達との格差をさほど感じさせない、ノーマルモードの運営が、私は個人的にとても気に入っています。


王子動物園パンダ屋外運動場

「パンダいないねえ」「あっ、あそこで寝てる」 この日はムシ暑くて、タンタンは涼しいコンクリートゲートのあたりで寝てました。一応、土曜日の朝イチですが、人出はこんな感じ。日によってはもちろん、もっと混みますが・・。


パンダ寝そべり

「ここ気持ちいいんだもーん」状態のタンタン。この後、結局、涼しい屋内運動場が開放されてそちらに移動。



屋外undefinedパンダ

もちろん、屋外も大好きです。


ジャイアントなパンダ

屋内運動場入口には、撮影用スポットが。家族連れは、ほぼ100%ここで写真を撮っていました。


>次ページに、お昼寝パンダ動画登場!