眺めているだけではもったいない!神戸ポートタワー

神戸メリケンパークに優雅に建つ「ポートタワー」は、1963年生まれ。美しくユニークな姿で愛されていますが、ガラス床のスカイウォークや回転するスカイラウンジなど、展望室は進化しています。遠くから眺めてるだけでは、もったいない!最新の行ってきましたレポートを、お届けします。

ポートタワーは、登ってみないと

神戸の風景といえば、海、山、街・・・そしてポートタワー。夜はタワーもライトアップされ、時間に合わせて色が変わります。


 

ポートタワーまでの、行き方(定番)

ポートタワーはメリケンパークと呼ばれる、湾岸エリアにあります。客船が旅の主役だった時代には神戸の玄関口であった港ですが、今は公園や記念館、ホテルなどが揃う憩いの場所となっています。

そんなタワーまでのアプローチなのですが、「遠くないけど、少し道を選ぶ」場所にあります。三宮や元町から歩ける距離ですが、途中で国道2号線を横切る必要があり、歩道橋もすぐには見当たらいので「道、間違えた?」と不安になります。(一人旅らしき台湾や韓国の女の子から、何度か道を尋ねられました)

おすすめとしては、「◆デパート大丸前の元町1丁目交差点から元町商店街に入り、商店街3丁目まで歩き、『浜屋仏具店』のある交差点で左へ曲がって海まで下りるルート」が、分かりやすいと思います。4ブロックほど下ると「ポートタワー直結の屋根付き歩道橋」があり、これを登れば面倒な「国道2号線」をすいすい横切ることができます。地下鉄「みなと元町駅」下車の場合も、この道につながっています。

ポートタワーへの歩道橋

屋根付き歩道橋。通路はポートタワーホテル横を通って、ポートタワーまで直結しています。国道2号線と高速の高架を横切ります。



ポートタワー入場口までの、行き方(番外)

その他には、「◆観光用ループバスに乗る」「◆ハーバーランドから歩く」など、複数のアプローチがありますが、私が遠くの友人に聞かれたときには「◆新神戸駅か三宮から、タクシーで直行」をすすめています。新幹線の新神戸駅から15分、三宮から5分ちょっとで、ポートタワーのすぐ下までラクラク。京都や大阪への旅の途中で「神戸で数時間だけ過ごそう」、というなら駅からタクシー移動で、神戸の港とポートタワーへ来てほしいです。新神戸~三宮~元町~ポートタワーというエリアは、電車だと乗り換えばかりですが実際にはそんなに距離はありません。

海きわきわに建つポートタワー

ポートタワーの足元は、すぐ目の前が海です。タクシーなら、タワーのすぐ近くで降車可能。専用駐車場などはありませんのでご注意を。


次ページで、いよいよタワーからの風景が!