そのまま食べても美味しい手作り柚子薬味

所要時間:5分

カテゴリー:その他手作り調味料

 

柚子薬味

柚子の色が春を感じさせるゆず薬味。ほっこりと蒸しあがった里芋や大根などの蒸し野菜に。また湯豆腐に添えたりいろいろ使えます。柚子の程よい酸味と風味がおすすめです。そのまま肴にもおすすめです。
味噌は赤味噌を使うより、白っぽい田舎味噌などを使うと彩が綺麗です。


柚子薬味の材料(作りやすい分量

柚子薬味
ねぎ 1本 約100gほど
柚子 小ぶりのもの1個
サラダ油 大さじ1
味噌 大さじ1

柚子薬味の作り方・手順

柚子薬味

1:ネギはみじん切りに

ネギはみじん切りに
ネギはみじん切りにします。

2:柚子は果汁と皮を使う。皮はみじん切りにする

柚子は果汁と皮を使う。皮はみじん切りにする
柚子は果汁を絞ります。皮の白い部分はできるだけ取り除き、みじん切りにします。

3:ネギ、柚子皮、絞り汁、サラダ油、味噌を加、よく混ぜ合わせる

ネギ、柚子皮、絞り汁、サラダ油、味噌を加、よく混ぜ合わせる
ボウルにみじん切りのネギと柚子の皮、ゆずの絞り汁、サラダ油、 味噌を加えよく混ぜ合わせます。

4:薬味はもちろん、肴にもおすすめ

薬味はもちろん、肴にもおすすめ
蒸し野菜や湯豆腐にはもちろん酒の肴にもおすすめです。

ガイドのワンポイントアドバイス

清潔な保存瓶に入れて冷蔵庫で1週間程で食べきりましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。