知っていれば防げる?枝毛のメカニズム

枝毛のない髪

枝毛のない髪になるには?

最近やけに髪がぱさつく……なんて時は枝毛のサインかも。枝毛は、髪の手同士がもつれ、無理な摩擦やダメージによって髪の繊維が縦に裂けてしまうことが原因とされています。そもそも、髪のたんぱく質は縦長で繊維状になっているため、裂けやすいのが特徴です。

2つ目は、カラーリングの最中やパーマの最中にできてしまうことです。切れ毛になる原因が、そのまま枝毛の原因となります。髪の毛の流れに逆らって巻かれていたり、ブロー時間が長過ぎたり、髪をゴムできつく縛った時などや、癖毛矯正の際に切れ毛、枝毛が発生してしまいます。

枝毛を見つけてしまったら……?

枝毛が多い人は、まずは基本的なヘアケアを丁寧に行いましょう。例えば、毎日のシャンプーはできるだけ、ダメージを与えないように丁寧に。トリートメントは毛先にたっぷりとつけ、ドライヤーは髪が8割程度乾くまで使用しましょう。熱ではなく風量で乾かすようにするとダメージも少なくすみます。

また枝毛を見つけたときはその箇所をカットすることも大切です。定期的に美容院にいって、傷んだ部分を切るようにするのも必要です。

枝毛を少なくすることはできる?

答えはYES!きちんとしたメンテナンスをすることで大幅に減らすことができます。まずは、毛先を定期的にカットすること。髪の毛は、毛先の部分が一番月日が経っている箇所なので、定期的に切ってあげるのもヘアダメージの軽減に繋がります。

枝毛は出来る前のケアがとても大切です。日頃のブラッシングやシャンプー、ドライヤーなどで髪の毛に負担をかけないようにすること。トリートメントなど髪の毛をケアすることで、健康な髪を保つようにするのが枝毛を防ぐことにつながります。

次のページでは枝毛ケアについてお伝えします。