ラミー LAMY

lamy1

発売から数十年経っても人気沸騰中の「サファリ」万年筆。鮮やかなカラーバリエーションのほかスケルトンタイプもあり

デザイン性の高さで世界中に多くのファンを持つ「ラミー」の本拠地は、美しい古都ハイデルベルク。1930年の設立から現在まで、ラミーの製品はこの自社工場で作られています。

lamy2

世紀をまたぐ名作「ラミー2000」

バウハウスの理念を具現化し機能美を追求したラミーの筆記具は、数々のデザイン賞を受賞。1966年に発表し革新的なデザインで話題となった「ラミー 2000」は、世紀をまたいで今も新しさを感じさせる名作です。

世界中で絶大な支持を集めているのが、万年筆界の革命児ともいえるカジュアル万年筆「サファリ(safari) 」。軽くて丈夫な樹脂製のボディ、正しくペンを握れるように設けられたくぼみ、デニムのポケットにもしっかりグリップできる大型のクリップなど、とことん使いやすさを考えてデザインされたサファリは、初めての万年筆に最適の1本です。

ドイツの参考価格:サファリ万年筆 20ユーロ前後

ラミー公式HP(日本語)

ラミーの故郷ハイデルベルクの記事はこちら。直営店情報もあります>>>ロマンチックな城下町 ハイデルベルクのおすすめ観光

ステッドラー STAEDTLER

st1

ステッドラーを代表する定番商品「マルスルモグラフ製図用高級鉛筆」

1662年、歴史上最古の鉛筆をつくったとされるフリードリッヒ・ステッドラー。彼の子孫であるステッドラー家がニュルンベルクに鉛筆工場を設立し、鉛筆専門メーカーとしてスタートしたのは1835年のこと。その後世界中に進出し、鉛筆や製図用筆記具のトップブランドとして広く知られるようになりました。

「ステッドラーといえばルモグラフ」といわれる定番商品が、青いボディでお馴染みのマルスルモグラフ製図用高級鉛筆。製図やデザインに携わるプロから高く評価されている鉛筆です。


使い心地抜群のエコロジカル鉛筆

使い心地抜群のエコロジカル鉛筆

従来の鉛筆とは異なる方法で製造された「ウォペックスWOPEX」は、なめらかな書き味と握りやすいグリップ部をもつエコロジカル鉛筆。ボディの優しい色合いも魅力です。

ドイツの参考価格:鉛筆  1ユーロ~

ステッドラー公式HP(日本語)

ファーバーカステル FABER-CASTELL

fc1

子どもから美術に携わるプロまで幅広い層に支持されているファーバーカステルの色鉛筆

高級筆記具・画材メーカーとして知られる「ファーバーカステル」の創業は1761年。1851年に発表された6角形の鉛筆は、現在全世界で作られている鉛筆の基準となりました。ファーバーカステルでは、最高級の素材を使った高品質の製品を追求すると同時に、環境への配慮をポリシーとし、森林保護や環境に優しい素材を使用するなど様々な取り組みを行っています。

伯爵コレクション「パーフェクトペンシル」

伯爵コレクション「パーフェクトペンシル」


至高の筆記具シリーズとして展開する「伯爵コレクション(Graf von Faber-Castell)」は、世界中の筆記具ファンの憧れの存在。短くなった鉛筆を持ちやすくするエクステンダーと、芯を削るためのシャープナー、消しゴムが一体化した「パーフェクトペンシル」は、まさにパーフェクトな1本で、最高級の鉛筆として有名です。

 

ドイツの参考価格:色鉛筆(12色セット) 10ユーロ前後

ファーバーカステル公式HP(日本語)

スタビロ STABILO

stabilo1

デスクまわりが明るくなるカラフルでポップな筆記具が揃うスタビロ。写真は大人気の蛍光マーカー「ボス」

1865年、ニュルンベルクで鉛筆メーカーとしてスタートしたスタビロ。世界で初めて蛍光ペンを開発したメーカーとして知られていますが、じつは世界初のアイブロウペンシルを作ったのも同社。ユニークな発想で生み出されるポップでカラフルな文房具は、世界中の人々に愛用されています。

スタビロを代表するプロダクトは、何といっても蛍光ペン。短い平面型が特徴の「スタビロ・ボス (STABILO BOSS)」は、世界でトップシェアを誇るヒット商品です。ドイツの学校やオフィスでは、ほとんどの人がこの蛍光マーカーを使っているといっても過言ではありません。


極細サインペン「ポイント88」

極細サインペン「ポイント88」


蛍光マーカーと並んで所持率が高いのが、オレンジのボディでおなじみの極細サインペン「ポイント88」。色のバリエーションが豊富で(25色)イラストを描くのにもぴったりです。

スタビロ公式HP(日本語)
ドイツの参考価格:蛍光マーカー 1.2ユーロ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。