日本人観光客に大人気! ハイデルベルクの見どころ

heidelberg

ドイツのなかでも日本人に大人気の観光都市ハイデルベルク。どこをとっても絵になる街

ドイツにはロマンティック街道をはじめテーマごとに街を結んだ観光街道がたくさんあります。これらのルートを参考に旅行プランを立てる人も多いと思いますが、今回旅のヒントとしておすすめしたいのが、14の都市から成る「歴史古都連盟」。メンバーには、中世の街並みや古城、地方色豊かな文化やグルメといった観光要素たっぷりの魅力的な古都が名を連ねています。

heidelberg2

中世の面影を残す石畳の旧市街

なかでも観光都市として世界的に絶大な人気を誇るのが、ドイツ最古の大学を有し「学問の街」として名高いハイデルベルク。古城と石畳の城下町、ネッカー川にかかる美しい橋が織りなす風景は完璧なまでにロマンチック。「これぞ中世のヨーロッパ!」と誰もが感嘆することでしょう。ドイツ最大の空の玄関口フランクフルトからのアクセスが良いので一日観光にもおすすめです。

ここでは、ぜひ見ておきたい観光スポットから地元民おすすめのグルメやお土産まで、ハイデルベルクを丸ごと楽しめる情報をお届けします。

ハイデルベルクへのアクセス

フランクフルト中央駅からハイデルベルク中央駅までICで約1時間。ミュンヘン中央駅からからハイデルベルク中央駅まで約3時間。

カール・テオドール橋とネッカー川が織りなす絶景

yakei

夜になってライトアップされたハイデルベルク城も美しい。ロマンチックな夜を堪能したい

heidelberg4

橋と川と古城が織りなす「絵になる風景」

ハイデルベルクはどこを歩いても美しい風景に出会える街ですが、まずは一番人気の撮影スポットでもあるカール・テオドール橋へ行ってみましょう。橋の上にそびえる立像のモデル、選帝侯カール・テオドールによって1786~1788年に建造されたこの橋の別名はアルテ・ブリュッケ(古い橋)。かつて牢獄としても使われていた立派な橋門や、橋のふもとにある猿の像、ネッカー川の向こう側にある「愛の南京錠」をかけるための「恋人たちの石」など見どころがいっぱいで常に観光客でにぎわっています。ライトアップされた夜の風景がこれまた美しくてうっとり。できることなら1泊してロマンチックな古都の夜を満喫してください。

おすすめホテル
Hotel Holländer Hof
カール・テオドール橋の目の前という最高の立地に建つ趣ある宿。上階からは美しい景色が望めます。

ハイデルベルク城

schloss

街の象徴的存在、ハイデルベルク城。様々な建築様式がみられる世にも美しい廃墟

ハイデルベルク観光で欠かせないのが、旧市街から浮かび上がるような姿で山の中腹に建つハイデルベルク城。13~16世紀にわたってプファルツ選帝侯の居城として建てられた古城は何度も戦争による破壊と再建が繰り返されたため、ゴシック、ルネッサンス、バロックと様々な建築様式が見られ、廃墟となった今も圧倒的な美しさと存在感を放っています。ここから見下ろすハイデルベルクの街はまさに絶景!

schloss3

ハイデルベルク城内にある薬事博物館

ゲーテが賛美した廃墟となった火薬塔や城門に残る「悪魔の噛み跡」など見どころがたくさんありすぎてじっくり見学すると一日あっても足りないくらいですが、ぜひ見ておきたいのが城内にある「大樽」。直径7m、容量約22万リットルというドイツ最大のワイン樽を見守るのはワイン好きの享楽家として知られるペルケオの像。もうひとつ見逃せないのが古代から21世紀の薬学史を紹介する「ドイツ薬事博物館」。ドイツの古い薬局はデザイン的にもすばらしく、インテリアやプロダクトデザインに興味がある人は必見です。

城内には素敵なチャペルもあって、ここで結婚式を挙げることもできるそう。伝説の名城で挙式なんてロマンチックですよね。さらにミシュラン星付きレストランも併設されています。

ハイデルベルク城へは歩いても行けますが、城チケットにはケーブルカー(ハイデルベルク登山鉄道)の往復運賃も含まれています。ドイツで最も古い電動ケーブルカーにぜひ乗ってみましょう。

<DATA>
Heidelberger Schloss
住所:Schlosshof 1 69117 Heidelberg
TEL:06221- 658880
営業時間:8:00~18:00
入場料:シュロスチケット大人7ユーロ(城入場料、ケーブルカー往復運賃込み)
アクセス:コルンマルクトからケーブルカーに乗車してすぐ

ドイツ最古の大学 ハイデルベルク大学

STUDENT

ドイツ最古のハイデルベルク大学の学生牢。壁には勲章の証である落書きがびっしり

ハイデルベルクが「学問の町」として名高い理由は、ドイツ最古の大学があるから。1386年創設のハイデルベルク大学では今も最高レベルの研究が行われ、世界中の学生が憧れる名門校となっています。大学博物館や旧講堂など大学関係の見どころのなかでも必見なのが学生牢。喧嘩や泥酔などの問題行動を起こした学生たちが投獄されていたというこの学生牢は1778~1914年もの間使われていたそうです。歴代の不良学生たちが描いた落書きでびっしりと埋め尽くされた壁は、もはやアート。部屋もなかなか快適そうで牢獄というよりむしろ楽しい寮生活のような印象を受けます。当時の学生たちにとってここへ入居する事は、男の勲章のようなものだったそうです。

mensa

ハイデルベルク大学の学食

ハイデルベルク大学は学食(メンザ)がおいしい事でも評判。前菜、メイン、デザートまで種類豊富で味のクオリティも高く、ビュッフェ形式の量り売りなので旅行者でも気軽に利用できます。束の間の学生気分が味わえますよ。

 

<DATA>
■Studentenkarzer(学生牢)
住所:Augustinergasse 2, Alte Universitaet, 69117 Heidelberg
TEL:06221- 543554
営業時間:夏季10:00~18:00 冬季10:00~16:00
入場料:大人3ユーロ
アクセス:マルクト広場から徒歩5分

このほかにも、街で唯一戦禍を逃れた「騎士の家 Haus zum Ritter」(1592年建造)や歴史的な学生酒場を訪れたり、太陽光発電で動く世界最大のソーラー船でネッカー川を遊覧したり、哲学の道を歩きながら物思いにふけったりと、ハイデルベルクには見どころや楽しみがいっぱいです。

ハイデルベルクのおすすめレストランとワイン

rest

ハイデルベルクではワインと郷土料理を堪能しよう!写真の料理はマウルタッシェンとソーセージ

ドイツのドリンクといえば誰もがビールを思い浮かべると思いますが、ハイデルベルクはドイツのワイン名産地のひとつバーデンに属する街。レストランのメニューには近郊でつくられるすばらしいワインがラインナップされているのでぜひ飲んでみてください。なかでも評判が高いワイン醸造所「Seeger」のリースリングはおすすめ。すっきりとしていながらフルーティで、軽い前菜から肉料理までよく合います。もうひとつおすすめのワイナリーをあげるなら「Bassermann」。ほんのり甘みが感じられて日本人に好まれる味です。これらのワインをおいしい郷土料理とともに味わえるのが、カール・テオドール橋のふもとにある老舗レストラン「ゴルデナー・ヘヒト Goldener Hecht」。マウルタッシェン(ラビオリの1種)やソーセージのほか、シュニッツェルやカイザーシュマレンといったオーストリア料理も楽しめる、フレンドリーで雰囲気の良い店です。

rest2

貴重なハイデルベルク産ワイン

高級グルメディナーを堪能するなら、ロマンチックなホテル「Hirschgasse」に併設のミシュラン一つ星レストラン「ル・グルメ Le Gourmets」がおすすめです。ハイデルベルク唯一のワイン畑、その名も「橋の上、
陽の当たる場所畑」の葡萄でつくられる貴重なワインがいただけるのはここだけ!

 


<DATA>
Goldener Hecht
住所:Steingasse2 69117 Heidelberg
TEL:06221- 6599222
営業時間:12:00~24:00
アクセス:マルクト広場から徒歩3分

Le Gourmets im Hotel Hirschgasse
住所:Hirschgasse 3 69120 Heidelberg
TEL:026221-4540
営業時間:火~土 18:00~24:00
アクセス:マルクト広場から徒歩10分

ハイデルベルクのお土産・ショッピング

studentenkiss

学生街ハイデルベルクならではのお土産といえば「学生のキス」チョコレート

ハイデルベルクはドイツ屈指の観光地なだけにショップやお土産品店が充実しています。中央駅前から続くドイツ最大級の歩行者専用ショッピングストリートにはデパートからファストファッション、ドラッグストアまで何でも揃っていて便利。ハイデルベルクのお土産として有名なのが「学生のキス Studentenkuss」という、ヘーゼルナッツクリームが入った甘~いチョコレート。旧市街にある直営店「KNÖSEL」には様々な味や形のチョコレートがずらり。2017年は宗教改革500周年記念でルター印の限定商品も登場します。

alex

学生さんに人気のメロンのお酒

知る人ぞ知る名産品としておすすめなのが、ハイデルベルクの学生さんたちに人気の「メロンシュナップス」(メロン味のお酒)。自家製メロンシュナップスを売るショップ「ALEX」では、貴重なハイデルベルク産ワインも手に入ります。

店主のセレクト眼が光る個性的な書店や古本屋が充実しているのも学生街ならでは。文房具好きなら、ハイデルベルク生まれの万年筆「ラミー Lamy」唯一の直営店もぜひのぞいてみてください。

参考記事>>>逸品がズラリ!一生つきあいたいドイツの文房具6選

<DATA>
Chocoladenmanufaktur & Chocolaterie KNÖSEL
住所:Haspelgasse 16 69117 Heidelberg
TEL:06221-22345
営業時間:11:00~19:00 無休
アクセス:マルクト広場から徒歩3分

LAMY Flagship-Store
住所:Hauptstr. 160 69117 Heidelberg
TEL:06221-6735870
アクセス:マルクト広場から徒歩3分

Alex Wein & Spirituosen
住所:Märzgasse 16 69117 Heidelberg
TEL:06221-184908
営業時間:月~金9:30~19:00 土10:00~18:00 日休
アクセス:ハイデルベルク中央駅から徒歩10分

取材協力
ドイツ歴史古都連盟
ハイデルベルク観光局

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。