頑張り屋さんほど要注意!

コミュニケーションの改善で協力される人に

コミュニケーションの改善で協力される人に

「相手に悪い」と変な気遣いをして頼めない、「自分が頑張ればなんとかなる」と抱え込んでしまう、「気づいてくれないかな」と期待しつつ言い出せない。頑張り屋さんほど、人に依頼をすること、協力を引き出すことが苦手な傾向があります。

よりよい成果をあげるためにも、協力されやすいコミュニケーションを試してみませんか?

協力したくない人を振り向かせるのは難しいです。でも「協力する気持ちはあるけれど行動に移せていない多くの人」に動いてもらうのは、思っている以上に簡単です。協力してもらうためには、どのタイミングで、どんなコミュニケーションをとるのがいいのか。順を追ってみていきましょう。


協力してもらうための6つのステップ

察してもらうのではなく声をあげることが大切です

察してもらうのではなく声をあげることが大切です

まずは、人が協力にいたるまでを6つのステップにわけて解説します。どのタイミングでどんなコミュニケーションをしたらいいか確認していきましょう。

【STEP1 気づいてもらう
気づかなければ協力もできません。まずは声をあげることが大切です。

【STEP2 必要性を感じてもらう
気づいた後は「手助けの必要がある」と感じてもらわなければなりません。頑張り屋さんは「あの人は大丈夫だろう」と思われやすいので要注意。相手から申し出てくれるのを待つのではなく、自分から協力が必要なことを伝えます。

【STEP3 自分が協力しなくてはと自覚してもらう
「誰かが協力するだろう」この心理が協力を阻む大きな壁の一つです。「誰か手伝ってください」ではなく「○○さんの力が必要です」といった、個人に向けたコミュニケーションに変換してお願いしましょう。

【STEP4 具体的な方法を伝える】
どうやったら助けられるのか。その手立てを知らない場合、行動に移すのが難しくなります。頼む時には、具体的な協力方法を知っている人を選ぶか「××をお願いできませんか?」と、協力してほしい内容を伝えてください。

【STEP5 損得の計算が吹き飛ぶ心のこもった依頼をする
実際に動く前に、協力することの損得を無意識に計算してしまうケースも多いものです。シャイな人、頼みベタな人は要注意。言葉にするのはもちろん、非言語情報も駆使して、しっかりお願いしましょう。

【STEP6 協力してもらっても、そうでなくても感謝を伝える
ここまでのSTEPを経て、実際に協力する、もしくは、しないということになりまs。協力してくれた場合、感謝の気持ちをしっかり伝えるのはもちろんですが、協力を得られなかった場合も検討してもらったことに対して感謝を伝えるのを忘れずに。

断る時、相手は無意識にあなたの態度を観察しています。頼む時ばかり丁寧で、断られたらイヤな顔をしてしまうことのないよう注意しましょう。断られた時の態度は、次回に繋がる大切なポイントでもあります。

次のページでは、協力したいのに行動しない心理について、代表的な2つのケースで解説します。