1998年に行われた調査によると、日本人男性では40歳代の5人に1人、50歳代の2.5人に1人、60歳代の1.7人に1人が中等度以上のED(勃起不全)に悩んでいます。
中等度EDとは「たまに勃起し、性交中は維持できる」、その上の重度EDとは「勃起せず、性交できない」状態をいいます。

データが示すように、40歳代以上の男性にとってEDは今や極めて身近な疾患といえるでしょう。しかし、自分のこととなると話は別。うすうす変調を感じていても、なかなか認めたくないのが“オトコの心理”でもあります。

そこで今回は、ED治療薬で悩みを克服した「先輩」に聞いた、EDを自覚したときの様子や治療に踏み切ったきっかけ、ED治療薬の効果など、EDをめぐる生の声を集めてみました。
 

高年齢層ほど強い?「現役志向」

年代は違っても、EDを自覚したときに抱えるオトコの悩みは同じ

年代は違っても、EDを自覚したときに抱えるオトコの悩みは同じ

意見を寄せてくれたのは、ED治療経験のある30歳代~60歳代以上の206人です。

「EDを自覚したのはどんなとき?」
という問いに対する、年代別の回答を見てみましょう。

【30歳代】
  • 重い症状はないけれど、疲れているとき、満足できないようになった。
【40歳代】
  • 自分がEDになることはないと思っていたので「あれ、おかしいな」という感じ。
  • 3年ほど前に性行為を行おうと思ったとき、十分な勃起が持続できなかった。
  • 来るべきときが来ただけで、なんとも思わなかった。
【50歳代】
  • 朝、目覚めたときに勃起しなかった。
  • 年齢が原因なのか、ストレスが原因なのか悩んだ。
【60歳代】
  • 「どうしよう」と思った。
  • 男性卒業は早すぎる。
  • まだまだ現役でいたい。

この調査に限れば、30~40歳代は「性行為がうまくできない」ために自覚することが多く、50歳代は「勃たない」という事実に冷静に向き合おうとする様子がうかがえます。60歳代では、若い頃の我が身がよみがえるためか、「現役であることに対する強い執着」が感じられます。
 

男として充実したセックスを持続したい!

「治療しようと思ったきっかけは?」という問いに対しては、
  • 中折れするようになってきたので
  • 持続力が落ちたので
  • 年齢を感じて
  • 男として情けない
  • 男でなくなる気がしたので
  • パートナーのために
  • 気持ちよくセックスしたいので
といった声が寄せられました。
これらに共通するのは「パートナーとの満たされたセックスを持続したい」という思いでしょう。背景には男としての誇りも見え隠れします。

治療動機について、主に「情報源」と「安心感」という異なる角度から回答したものには、
  • 病院の小冊子で知って
  • ネットで知って興味を持った
  • 偽物の薬は怖いので
  • 病院なら安心だから
などがあります。

EDは精神的な原因で起こる心因性と、何らかの体の原因で起こる器質性に大別されます。このうち、器質性を踏まえたものとして、
  • 糖尿病が原因で
  • 病気で神経を傷めたので
  • 事故で脊髄損傷してEDになったから
という回答がありました。
 

「悩んでいたのが馬鹿らしくなった」

問題が解決した後の酒の味は格別? でも飲みすぎには注意!

問題が解決した後の酒の味は格別? でも飲みすぎには注意!

「初めて病院へ行ったときの印象」については、
  • 非常にあっさりと問診が終わった。
  • ドクターが明るく自然に対応してくれたのがよかった。
  • 他の病気と同じような感じ。各薬の特徴や副作用についても詳しく説明された。
  • 症状が改善されるという言葉を聞き、少しほっとした気持ちになれた。
  • 受付もドクターも当然患者も男性で安心した。
  • 先生には非常に親身に相談に乗ってもらった。「同じ悩みを持つ方は多く、普通なことになりつつある」といわれて少し安心した。
といった声が代表的で「ほっとした」「安心」がキーワードになっているようです。まさに「案ずるよりも飲むが易し」ということでしょう。

それを裏付けるように、
  • 簡単な問診だけで薬が処方された。もっと早く受診すればよかったと思う。
  • 悩んでいたのが馬鹿らしくなった。
という、回答者のほころんだ顔が思い浮かぶような声も寄せられています。
 

元気と自信の回復に期待できるED治療薬

ED治療の第一選択はジェネリック商品などのED治療薬の服用です。実際に「ED治療薬を使い始めてどうか?」を尋ねた問いに対しては、
  • 治療前に感じていた、性生活に対する抵抗感や焦りがなくなり、気が楽になった。
  • 生活に張りが出てきた。
  • いろいろな面で元気が出てきた。
  • 効果はてきめん。性生活が円滑に運ぶことで他の日常にも憂いなく取り組める。軽い運動やストレッチも日々の生活に取り入れるようになった。
  • 薬を飲めば今まで通りのセックスができる体に戻り、自信がよみがえってきた。
  • 処方されてからは自信が持てたし、不安感から解放された。
  • ある程度自信が持て、パートナーを喜ばすことができるようになって安心した。
  • かすかな希望が湧いてくる。
  • 夫婦生活も円満で、通常の生活に戻った。
という回答が寄せられています。
いずれも「張り」「元気」「自信」などをキーワードとしてED治療薬のもたらす心境の変化を伝えています。

確かな勃起による性生活の充実ばかりでなく、以前のようにセックスできる自信が、生活の張りや生きる希望につながることこそ、ED治療薬の大きな効き目の一つといえるでしょう。

>>EDってどんな症状?なぜなるの?
>>あなただけじゃない!よくあるこんなED
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。