たった15分でも、やると決めて使った時間は満足度が高くなります。しかも、使う道具は100円ショップの収納グッズだから、手ごろで気軽に取りかかれます。1時間もあれば4か所がスッキリ!今すぐやってみましょう。
   

100均収納グッズでメイクコーナーをプチ整頓

きれいに使おうと思っていても、忙しい時にはバタバタとメイクして、そのまま次の行動へ。整理整頓しておけば、もっと使いやすくなると分かっていても、なかなか改善できないものです。でも、ちょっと手を加えるだけで、メイクがスムーズにできるようになります。
メイク用品収納

深さのある仕切りケースを使うと、マスカラやリップを立てて入れられる

たとえば、仕切り用のスリムケースを2、3個使って、スキンケア用品とメイク用品を分けて収納します。このやり方は、引き出しの中を区切るときや、化粧台の上に並べて置くときに便利です。サイズ違いを組み合わせれば、仕切ったり並べたり積み重ねたりできます。

また、ガラス製のジャーも見逃せません。綿棒、コットン、メイクスポンジなど、ふた付きの入れ物に入れておくと埃よけになります。ガラスなので中が見えて、お手入れがしやすく、クールな外観も魅力的です。片付けながらメイク道具についた汚れを拭いて、ケースに入れ替えて15分。汚れ落としには、アルコール除菌スプレーをコットンに含ませて使います。

 

100均収納グッズで水廻りをリフレッシュ

水を使う場所では、使った後に水を残さないのがキレイを保つコツ。そこで使う道具もひとまとめにして、水切りと手入れをしやすくしておきたいものです。「そうそう、いつかやろう」と思いながら、今に至っているといったところではないでしょうか。
セリア、ダイソーのカゴ収納

キッチン、洗面所、浴室などで実践したい。ポンプボトル、スプレイボトルも100円ショップで手に入る

100円ショップへ行くと、水廻りで使えるアイテムがいくつかあります。メッシュカゴは水に強く手入れがしやすいのでおススメ。見た目にはプラカゴよりも、金属製がいいでしょう。持ち手のついたカゴは、S字フックで吊るして水切りができます。

カゴにまとめる作業のついでに、シャンプー、リンス、ソープ、洗剤などの液体を、お揃いのポンプ容器に移し替えるとオシャレ度が一段アップ。15分片付けた結果が、気持ちよさにつながります。

次は、書類の山、衣類の混乱にも取りかかりましょう。

 

書類収納は1分類1アイテムで

毎日増え続けている書類。ちょっと手を抜くと、テーブルやカウンターに山ができて、やがて崩れて見苦しくなっていきます。絶対に要らないというチラシや郵便物を、ごみ箱に入れる作業だけは怠りたくないことです。
100円ショップの文具で収納

上:ザックリまとめるなら、トランク型ケースで。下:横入れタイプのクリアファイルは、紙が差し込みやすい

残った書類は、学校関係、趣味関係、地域関係、宅配メニューといった種類別のファイルに収納。小さな切り抜きも、大きな案内書も、すべてA4サイズの入れ物でまとめましょう。クリアフォルダー、クリアファイル、トランク型ケースなど、100円ショップには文具が豊富にあります。分類の数が多くても、100円ですから大きな負担にはなりません。

種類別に入れ分けながら、中身が分かるように見出しのシールを貼っていきます。15分で、紙の山をゼロにしましょう。

 

100均グッズで洋服収納のちょこっとアレンジ

クローゼットの中身に手を付けたら、15分では片付かない!収納のなかでも、ハードルが高い場所ではないでしょうか。とは言え、今のままで我慢しているのもストレスがたまるばかり。大がかりに改善するのは無理がありますが、小さく部分的に使いやすくするだけなら、15分もあれば十分です。
ボックス収納

上:スリムケースを引き出しに入れて下着とタイツを収納 下:衣類を軽く巻いて、ボックスに差し込むだけ

たとえば、下着やソックスといった小物系。こうした細かいアイテムは、出し入れするたびに収納内を混乱させていきます。そこで、乱れを最小限にとどめる手立てとして、スリムサイズのロングケースを投入。ケースごとにしまうアイテムを決めて、引き出しの中に入れるだけで秩序が生まれます。

また、ストールやカーディンガンなど繰り返し使うアイテムは、すぐに取り出せるようにしまいましょう。A4サイズのファイルボックスを普通に立てて並べたり、寝かせて積み重ねたりすれば即席収納の完成です。オープン棚やカウンターの上が有効に使えます。

最後に、キッチンでも15分!ここはやりがいがあります。

 

100円グッズでキッチン収納にテコ入れ

毎日使うキッチンは、収納状態の良し悪しが作業の効率を左右します。あそこもここも使いにくいと思っていても、慣れてしまうと収納のことを軽く見てしまいがちです。それでもあえて15分という時間を見つけて、改善を試みるだけの価値はあります。
100均プラケースでキッチン収納

上:食器をケースごと出し入れ 下:ぴったりサイズのケースがなくても、残りのスペースを一区画として使う

まずは、一番浅い引き出し1段から。恐らく、そこには菜箸やしゃもじなど、調理ツールがしまわれていることでしょう。ピーラーや栓抜きといった小さなモノを取り出したいときに、中身をガサゴソいじっているうちに、中身がごちゃ混ぜになることがあります。

仕切りはしてあっても、種類別に機能的になっていないと、仕切りは無いのも同然。いったん、中身を取り出して、仕切りを入れ替えてみましょう。仕切りの中をさらに仕切れるように、板が付属している100均のケースなら、モノの大きさに合わせて調節できます。調理ツールの中に、もう使わないモノが混ざっていたら、ついでに処分。余分なモノがなくなると、使い勝手がよくなります。ここまでしっかりと作業をして15分。

さらに15分延長できるなら、食器収納にもテコ入れを。食器は棚に直接置くのが一般的ですが、同じ種類の食器をプラケースにひとまとめにしておくと出し入れに便利です。細々した小皿用、朝食に使う器を家族別にする、ティーセットをつくるといった、カテゴリーでケースを使い分け。吊戸棚の下段や奥行きのある棚でも食器がしまえるようになります。

100円パワーにあやかりたい!キッチン収納グッズは、コレが買いです。片付け上手さんのキッチン収納実例を見るのも、やる気になるのでおススメですよ。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。