ルイーズ・キャンベルの「コラージュ」ペンダント

コラージュ

写真1.テーブル上の「 コラージュ」 色:マット・ホワイト

デンマークの照明メーカー「ルイスポールセン社」が、デザイナーのルイーズ・キャンベルとのコラボレーションで2005年に発売したこのペンダントはデザインの斬新さと美しさ、そして目に心地よい光で発表当時すぐさまに注目を集めました。

2006年、フランクフルトで開催された「light+building」展で、ルイスポールセン社のブースにこの「コラージュ」が展示されていました。この時はルイーズ・キャンベルがデザインしたほかの器具と一緒に展示されていましたが、新しい感覚の光に目が惹かれました。

コラージュ

写真2. 「コラージュ」カットされたシェードを通した陰影が美しい

ルイーズ・キャンベルは現在デンマークで最も注目されているデザイナーで、デンマークのみならずヨーロッパ各地で数々のデザイン賞を受賞されています。

10年ほど経過した今では「コラージュ」ペンダントは住宅、公共施設、大学、病院、レストランなど、世界中でたくさんの場所に吊り下がっています。

「コラージュ」は3枚のアクリルを重ねたシェード構造はレイザーカットした楕円形のパターンを重ねたもの、太陽の光が木々の葉の隙間を透過する、木漏れ日のような魅力的な陰影をエクスクルーシブな風合いで映しだしています。

今までのシェードの色は写真3にあるようなスモーク・スクリーン(ベージュ)、ホット・リップス(ピンク)、ジューシー・オレンジ(オレンジ)、レモンイエロー(黄)、それにスノーホワイト(白)の計5色で、明るく鮮やかな色味でした。
コラージュ

写真3. 「コラージュ」 2006年「light+building」展より


しかし、今年の2月から、新色の切り替えが行われ、そこで誕生するのが、デンマークを含めヨーロッパのこれからのトレンドカラーであるマット・ホワイト、ローズ、ブルー・グレー、ダーク・グリーンの4色です。

コラージュ

写真4. 今春発売予定の「コラージュ」の色
左から、ダーク・グリーン、ブルー・グレー、ローズ、マット・ホワイト

表面はこれまでの光沢仕上げからマット仕上げになり、ビロードのようなシックな質感を打ち出しています。このような新しい仕上げと4つのカラーは「コラージュ」に全く新しいアイデンティティを与えています。

器具は直径450cm(collage450)と600cm(collage600)の2つのサイズがあり、ダイニングやミーティングのテーブル上に低く吊り下げてテーブル面の局部照明にしたり、全般照明用にテーブルとは関係なく高く設置するなど、様々な場所と用途に適応しています。

【製品情報】
製品名:collage450
サイズ:φ450×H288mm 全長1880mm(コード長さを含む)
重量:3kg
使用光源:E26電球型ハロゲン電球ホワイト60W

製品名:collage600
サイズ:φ600×H360mm 全長1880mm(コード長さを含む)
重量:5kg
使用光源:E26白熱電球100W

「コラージュ」はLED電球に代替が可能ですが、詳しくはルイスポールセン社のホームページをご覧ください。

次のページでは「トルボー120デュオもトレンドカラーが登場」についてご紹介します。