そもそも面接とは何か

面接官として押さえておきたいポイントとは

面接官として押さえておきたいポイントとは

面接経験のある社員に面接の定義を聞いてみると、“候補者の能力や会社との相性を確かめること”というような抽象的な回答が返ってくる。決して間違ってはいないが、より正確に言うと、面接とは“候補者の入社後のパフォーマンスを推し量り、優秀な候補者を確実に自社に惹きつけること”なのである。

パフォーマンスを推し量るとは、言わば、プロファイリングのような作業だが、この時、“候補者から聞き出す事実のみに基づいて判断する”ということが肝要になる。候補者は、自分を良く見せたいという心理から、「○○のようにすべきと考えます」というような熱い思いを語ることもあるが、考えることとそれを実行することには大きな隔たりがあるので、パフォーマンスに直結する事実、特に実際に取った行動にフォーカスすべきである。

また一方で、面接官も候補者から見られていることを忘れてはならない。経験豊富な面接官ほど「自分の鍛えぬいた選球眼で判断してやる」という態度を取りがちだが、優秀な候補者はいくつもの会社から内定をもらうため、その中から自社が選ばれるような努力が必要になる。


事前準備が面接のクォリティを決める

自分が面接する候補者の情報は、通常、面接の前日までに人事部から知らされる。新卒採用の場合、
  • 履歴書
  • エントリーシート(自己PRや志望動機などが書かれた書類)
  • 適性診断の結果(行動特性や性格などを分析するテストの結果)
  • 筆記試験の結果
  • 成績証明書
などの資料をセットにして渡されることが多いが、面接官の仕事はまずこれらの資料を読み込むことから始まる。

その際のポイントは、
  • 資料から明らかになっている事実と、確認が必要なこと(不明瞭な点)を明確に分類すること
  • 不明な点を確認するための質問を考えること
の2点である。

面接に慣れていない場合、候補者の話を聞きながら次の質問を考えるという作業が予想以上に難しく感じるため、事前に複数の質問を考えておくことは重要になる。

また、履歴書の写真や自己PRの文章などを見ていると、つい、候補者の人物像を想像してしまいがちだが、勝手なイメージは面接の場で客観的な判断を下す際の足かせになることが多いので注意が必要だ。