奥二重のアイメイクは、アイシャドウをチラ見せ!

シンプルなのにパッチリ目!

シンプルなのにパッチリ目!

奥二重の方の最大の悩み、アイメイク。お気に入りのアイシャドウを塗っても目を開けると隠れてしまって映えない……とお悩みのあなたに、簡単に大きな目を作る奥二重アイシャドウテクニックをご紹介します。

奥二重アイメイクは目尻側にポイントを置くべし!

奥二重アイメイクのポイントは「目尻側」に置きます。多くの奥二重の人は目尻側に向かって二重幅が広がって見えていることが多いもの。目頭側は隠れてしまいがちなアイメイクを、目尻側でしっかりアピールしていきます。

アイシャドウは「色と塗る範囲」に気をつける!

目元が重く見えがちな奥二重のアイメイクに、アイシャドウの色選びは重要です。赤系などの腫れぼったく見えがちな色みや、極端にパールやラメが強いアイシャドウはまぶたが膨張してみえるので、奥二重のアイメイクにはあまり向いていません。奥二重のアイメイク初心者の人には、肌馴染みが良くメリハリを出しやすい「ブラウン」がオススメ!

そして、アイシャドウを入れる範囲にも気をつけなければなりません。アイシャドウはアイホールを目安にして入れるのが一般的ですが、奥二重のアイメイクの場合、濃いめの色をアイホールまで広げて塗ってしまうとまぶたに重たい印象を与えます。
ですから、アイホールまで濃い色のアイシャドウをぼかすのではなく、ポイントを押さえて的確にぼかすのが有効です。

次ページでは、「奥二重のナチュラルアイメイクのやり方」を紹介していきましょう。