派手な花火はあがるが、足元はジワジワと蝕まれている

ニンテンドー3DSの図

明るく見えるニュースの陰にかくれて、根の深い問題が育ちつつあります(イラスト 橋本モチチ)

こういった状況は、なにも3DSに限った話ではありません。というより、3DSはそれでもダブルミリオンを立て続けに4本も出しているわけですから、なんだかんだ言ってユーザーがついてきているわけで、まだまだ元気な方です。たくさんの人が3DSで遊んでいるのです。

2014年の他のハードの年末商戦のトップセールスを見てみると、Wii Uは任天堂の「大乱闘スマッシュブラザーズ for WiiU」がかろうじて健闘していますが、それでも現状では約40万本。PS Vitaはセガの「ファンタシースター ノヴァ」が約14万本、PlayStation4(以下PS4)は、テイクツー・インタラクティブ・ジャパンの「グランド・セフト・オートV」が約9万本、Xbox Oneにいたっては、年末商戦向けに投入されたタイトルのどれもが数千本規模で、ほとんど存在感がありません。

PS4やXbox Oneはハードが発売して間もないということも要因としてあるのですが、それでもやっぱり寂しい、中堅がいないどころかハードに勢いをつける大将格が見当たりません。

ですから、3DSは頑張っている方なのです、すごく、すごく頑張っている方なのです。それでも、順風満帆とは言えず、プラットフォームとして非常に難しい状況に立たされています。タイトル数が減っている、中堅タイトルがあまり出ていない、ということは、メーカーが離れていっている、ということでもあります。これは、3DSそのものというよりも、その次のハードで本格的に大きな影響を与えるでしょう。

今はまだ、持ちこたえています。しかし、このままでは、足元から崩れていってしまいそうな、そんな危うさが、3DSに、そして日本のコンシューマーゲーム業界全体に、忍び寄っています。否応なしに変化が求められるその時が、刻々と近づいているように感じます。

【関連記事】
日本据え置きハード市場の現状とテレビゲームの崩壊(AllAboutゲーム業界ニュース)
妖怪ウォッチの成功と平成仮面ライダービジネス(AllAboutゲーム業界ニュース)
スゴイとオシイの間のラシイにDIVE IN(AllAboutゲーム業界ニュース)

【関連サイト】
田下広夢の記事にはできない。(ゲーム業界ニュースガイド個人運営サイト)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。