4.リコンファームをする

12月はレストランはとても混んでいます。予約もキャンセルがあったり、新規が入ったり、常連客からの無理難題、限られた席を効率よく、効果的に配置しないといけません。その際にスタッフに好印象なのが予約のリコンファームです。3日前位に名前時間を確認しましょう。「静かな席に」とリクエストしてみるといいでしょう。どこの席になるかはわかりませんが、それだけでホールスタッフからの印象が上がります。同じ費用を払うなら相手に好かれたもの勝ちです。
フレンチ

食前にはシャンパーニュを

5.アペリティフはシャンパーニュを

「最初にお飲み物はいかがなさいますか?」ときます。年に一度のクリスマス、シャンパーニュの煌びやかな泡を楽しみましょう。飲めない場合は「水」ではなく「微炭酸のバドワかペリエを」で。または軽めのカクテルでおすすめを頼んでみましょう。この時期でしたらイチゴを使ったカクテルが多そうな気がします。

6.早食いしない

特に男性に多いのですが、食事は女性のペースに合わせましょう。男性の場合は最後に一口残しておいて、女性が食べ終わるのと同時に最後の一口をいただく。こういった仕草をスタッフは見ています。そしてその顧客が紳士であることを理解します。

7.お会計はスマートに

デザートが終わり、カフェになったころ女性はほぼ間違いなくお手洗いに行きます。その間にカードで済ませておきましょう。スタッフもわかっているはずです。割り勘云々の話はここでは避けておきます。
フレンチ

プティフールの間にお会計を

 

8.二軒目はどうする?

レストランを出て二軒目にバーでも、という場合、当てがない時はデザートの前あたりで支配人に相談するといいでしょう。飲食店同士近所付き合いはあるはずなので、近くのバーを紹介・予約をしてくれる可能性はあります。少なくとも寒空の下、震えながら歩くことだけは避けたいものです。

非日常空間であるレストラン、日常を持ち込まず空間、サービス、食事、ワイン、そして何よりも大切な方との時間を楽しみたいものです。

全く余談ですが、クリスマスディナーの際はワインはあまり出ないそうです。その理由とは推して知るべし。


来年も素晴らしいグルメライフを送れますよう、グルメ&フレンチガイド記事をよろしくお願いいたします。


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。