よくあるダイエット相談、みんなの疑問TOP5と対処法

ダイエット個別指導を行う中で必ずと言ってよいほど多くのダイエッターから受ける質問トップ5を集めました。勘違いしたまま間違った方法でダイエットをしている人にとっては、目からウロコの回答もあるはず。回答と一緒にオススメのダイエット方法もチェックして、早速トライ!


第5位 「運動も食事制限をしても痩せません」

<質問>
「運動も食事制限も頑張っているのにまったく痩せません」

<回答>
栄養状態が悪いと心身に負担がかかり、カロリー消費効率が落ちてしまったり女性ホルモンや自律神経のバランスが崩れることで痩せにくくなります。特に、運動をするのであればしっかり栄養を摂取しないと、消費効率はさらに落ちてしまうので、しっかり食べることがとても重要です。また、運動をするタイミングも重要です。(しっかり食べることを前提に、)少し空腹状態になっている食前がオススメです。

<オススメのダイエット法>
基本的な食事のルールを守り(第1位を参照)、運動をするタイミングも見直しましょう。また、運動直後はすぐに栄養補給をすることも、代謝の良い体質に変えるためには重要です。食後30分~1時間以内を目安に、糖質とたんぱく質食材を摂取するように心がけましょう(外での運動であれば、鮭おにぎりでも組み合わせとしてはOK)。なお、運動中は筋肉の分解が起きているので、しっかり代謝を上げるカラダを作るためにBCAAの入ったドリンクを摂取すると良いでしょう。


第4位「ダイエット中に安心して食べられるお菓子は?」

<質問>
「お菓子は止められません!ダイエット中に安心して食べられるお菓子を教えてください」

<回答>
ダイエット用のお菓子を上手に活用すると良いでしょう。飽きがこないように様々なヘルシーなお菓子を探してみると新たな味覚の発見にもなります。それによりヘルシー志向が強くなると、普段の食生活も自然とヘルシー志向になり、嗜好が変わったというダイエッターも多くいます。悪い食習慣を断ち切る良いきっかけにもなるので、ダイエットを機に、逆の発想でお菓子探しを探求するのも良いかもしれませんね。

allabout,mico,ダイエット,食事ダイエット,阿部エリナ,よくある質問

ダイエット用のお菓子の活用すれば安心!

<オススメのダイエット法>
ダイエット用のお菓子は、コンビニやドラッグストアはもちろん、健康食材を扱う通販でもたくさん見つけられます。低糖質、無糖、低脂質、低カロリー、というキーワードでインターネット検索すると様々な種類のものを見つけられます。ダイエットシェークを間食代わりに飲むのもオススメです(ただし間食なので量は1食分ではなく半分~三分の一にしましょう)。もっとヘルシーでキレイも叶えられる物が良いときは、ドライフルーツ、ナッツ類、ヨーグルト、スルメ、昆布など栄養価があるものをセレクトしましょう。

≫リバウンドしない方法は?