ゴルフはCセグメントのスーパースター

VWゴルフ

2014年に生誕40周年を迎える、7代目VWゴルフ。新モジュール戦略により全面刷新された。プリクラッシュブレーキシステムなど安全装備も満載。価格は258.7万~315.9万円。スポーティなGTI(383.3万円)やR(529.8万円)もラインナップ


Bセグメントよりも、ひとまわり大きなクラス、Cセグメントはどうか。このクラスは、欧州車の核で、長年、ゴルフがスタンダードだった。現在でも、ゴルフの完成度はずば抜けて高く、実用車という点で、たとえRやGTIといったスポーツモデルであっても、ゴルフに敵うモデルはなかなか見当たらない。スーパースターである。

性能面で互角なのは、Bセグ同様にフォードのフォーカスだが、いかんせん、日本市場におけるグレードの選択肢がない。これでは、いくらポテンシャルが高くても、マトモな勝負はできない。

ゴルフの姉妹であるアウディA3も当然、完成度が高く、プレミアムコンパクトとしても十分な資質の持ち主だが、モデルチェンジしたにも関わらず、見た目にほとんど変化がないため、いまひとつ盛り上がらない。そうこうしているうちに、メルセデスベンツが新型Aクラスでこのクラスに攻め入った。クルマのデキとしては、アウディA3の方が断然上だけれども、まったく新しいカタチのAクラスに人気が集まるのは致し方なしか。
 
M・ベンツBクラス

“コンパクト&プレミアムなスポーツツアラー”M・ベンツBクラス。コンパクトなサイズに広い室内スペースをもつ。価格は299万~447.4万円

BMW2シリーズアクティブツアラー

BMW初のFFモデル、2シリーズアクティブツアラー。コンパクトなボディに広い室内をもつ。新世代モジュラーエンジンを搭載、価格な332万~494万円


Aクラスの兄弟車で、よりファミリィ向けの選択肢がBクラスだ。ここに敢然と新型車を送り込んでみせたのがBMWで、2シリーズアクティヴツアラーは、ミニで蓄えたFFの知見を余すところなくBMW流に再定義して送り出された懇親の一作。格好いいとはいえないけれども、実用ファミリィカーとしていちどはBMWに乗ってみたいというユーザーにはアピールするだろう。
 
プジョー308

ワゴンモデルもラインナップする、プジョーの基幹モデル308。PSAグループが開発したモジュラー型プラットフォーム(EMP2)を採用、1.2Lターボを搭載する。価格は279万~339万円


Cセグメントでも、ドイツ勢の強さが目に付く。否、それがハナにつくという方も多いはず。ここでも、フランス車が注目だ。ルノーメガーヌもいいが、オススメはプジョー308。ゴルフ級の仕上がりと、プジョー流の懐深い乗り味が魅力。
 
ボルボV40

“スカンジナビアンデザイン”を積極的に打ち出したスタイリッシュなボルボV40。ボルボらしく最新安全装備も充実、価格は297.2571万~436万円


ボルボV40も捨て難い。ブランドイメージもよく、走りも秀逸。なによりデザインがいい。ドイツ勢に飽き飽きしているという方は、ぜひ、プジョーかボルボをお試しあれ。
 
ルノー メガーヌR.S.

メガーヌのスポーティモデル、ルノー メガーヌR.S.(ルノー・スポール)。モータースポーツを手がけるルノー・スポールによりチューン、265psの2Lターボを搭載する。価格は396万円


スポーツモデルでは、3ドアながら、メガーヌ・ルノースポールが圧倒的だ。ゴルフGTIもいいが、キレ味鋭い走りという点で、メガーヌRSの敵ではない。これに唯一、対抗できるのはBMWのM135iもしくはM235iだろう。この2台は、クラス唯一のFRである。後輪で地面を蹴る楽しさは、他では得難い経験だ。
 
ミニクロスオーバー

ミニとして初めての4ドアモデルとなったクロスオーバー。ミニでは最も大きくファミリーカーとしての使い勝手を高めている。4WDモデルも用意され、価格は275万~477万円


変わった選択肢としては、ミニクロスオーバーがある。SUVとも言えるが、ハッチバック車としても通用する。ディーゼルターボを選ぶことができる点は、嬉しい。

エココンシャスなモデルとしては、少し大きいが、BMW i3を挙げておく。i3の魅力に関しては、以前のリポートを参照いただきたい。
 
VWゴルフGTI

VWゴルフに初代からラインナップされるスポーティモデルのGTI。220psの2L直4ターボを搭載。価格は383.3万円

BMWi3

アルミシャシーにCFRPキャビンという革新的パッケージを、モーターで動かすBMW i3。価格はベーシックモデルが499万円、レンジエクステンダー装備車が546万円


B、Cセグメントに関わらず、自分で選ぶとすれば、どれを選ぶだろうか。そんな夢想を楽しんでみる。

毎日乗る、それも比較的長く乗る、という自動車ライター的なライフスタイルで考えると、やっぱりゴルフになってしまう。できればGTIが欲しい。そうではなく、街中中心でちょろちょろ動くというのであれば、BMWi3のREXか。趣味のクルマで思い切りガスを吐いてしまうので、日々のアシくらいはクリーンでいきたいからだ。

>>2018年版のオススメ輸入車ハッチバックはこちらから
輸入車ハッチバック サイズ別お勧め【2018年版】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。