アウディA3の基本的なメカニズムはVWゴルフ7と共有

アウディA3スポーツバック

スポーツバックのボディサイズは全長4335mm×全幅1785mm×全高1435mm(1.8TFSIクワトロ)。車両重量は最新の軽量化技術により60kg軽い1320kg(1.4TFSI)に

アウディの主力モデル、A3がフルモデルチェンジを果たした。といっても、パッと見には、さほど変わっていないように思われるかも知れない。

結果論でいえば、潔いまでのキープコンセプト。もちろん旧型オーナーなら違いをすぐに見抜くだろうし、筆者でもディテールのグレードアップがもたらした全体の雰囲気の違い、くらいなら何となく分かる。けれども、すれ違いザマに、「今の新型? それとも旧型?」なんて聞かれても、一瞬、答えに詰まるだろう。

基本的なメカニズムは、ゴルフ7と同じだ。VWの新世代モジュール戦略MQBに基づく。ゴルフ同様、旧型比でホイールベースを延ばしたが、車重は逆に軽くなった(というあたりもまたMQBのメリットである)。
アウディA3セダン

セダンのボディサイズは全長4465mm×全幅1795mm×全高1395mm、ホイールベースは2635mm(1.8TFSIクワトロ)。スポーツバックより全長130mm/全高10mm大きく、全幅は30m広くなった

日本仕様として5ドアハッチバック(スポーツバック)とセダンの2ボディタイプを導入する。セダンモデルが追加されたことが目新しく、日本市場に最適サイズのプレミアム3ボックスとして注目しておきたい

いずれのボディタイプでも同じ4種類のグレードメニューを用意した。販売のメインは、1.4リッターターボの1.4TFSI(308万円~)で、標準仕様が122ps、気筒休止(COD)のついた仕様が140psである。上級グレードとして、180psの1.8リッターターボにクワトロシステム(4WD)を組み合わせた1.8TFSIクワトロと、280psの2リッターターボ+クワトロを積むS3を用意。セダンは軒並みハッチバックの+17万円、という分かりやすい価格&グレード設定とした。ミッションはFFモデルが7速DCT(デュアルクラッチシステム)、クワトロが6DCTである。