forの持つポジティブなイメージ

レストラン

レストランには行った?行かなかった?

同じように「方向」を表す前置詞でも、forは「出発点」を意識していて、toは「到達点」を示すということをご説明しました。前のページで紹介した例は、次のようになります。

1)レストランに行ってその後バーで飲んだ。
b)We went to the restaurant.
この場合、実際にレストランに到着しています。

2)レストランに行こうとしたが途中でやめてバーに行くことにした。
a)We went for the restaurant.
「レストランに向かった」と言っているだけで、実際にレストランに到着していなくてもかまいません。

forは、単に移動の目的地を示すというよりは目標に向かっていくポジティブなイメージがあり、次のような慣用的な言い方があります。

Go for it!(がんばれ!)

会話の中でforを使ってみよう!

それでは、実際にforを会話の中で使ってみましょう。

(外出しようとしているときに)
A: Wait. I'm looking for the car key.
B: I can wait for ten seconds.
A: That's not good for me.
A: 待って。車のカギを探しているんだ。
B: 10秒なら待つわ。
A: それはまずいな。

look for ~も「~に向かって見る」または「~を求めて見る」から、「探す」という意味になります。こうして見ると、自由自在に思えるforの使い方にも、次第に見当がついてくるのではないでしょうか。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。