カットしたパネトーネ

フルーツとスパイスの香りが食欲をそそります

僕がキャンプでパンを焼き始めたのは今から27、8年以上も前のこと。コールマン社のキャンプ用フォールディングオーブン(折りたたみ式)を使って本格的なパンを手間ひまかけて焼き、澄んだ青空の下でいただく、そんな贅沢を存分に楽しんできました。

そして近年は、もっと手軽においしいパンを焼く方法をいろいろと模索中です。フライパンや中華鍋を使ったり、ホットケーキミックスを使ったり、様々な試行錯誤を繰り返していたわけですが、今回ご紹介する方法はまさに画期的。本格的なパンがオーブンを使わずにできちゃうんです!


用意するものはヤカンとレンガと空き缶、たったそれだけ?

焼き上がったパネトーネとヤカン

ヤカンで本格パネトーネが焼ける!クリスマスにも!

用意するものはヤカン、そしてレンガ。あとは空き缶です。秘密はこのレンガ。

ヤカンの中で熱くなったレンガがまるで石釜のように柔らかく熱をまわしてくれるのです。しかも、びっくりするのはまだ早い。パンといえば生地を一生懸命こねるイメージがありますが、今回の作り方では生地はまったくこねないのです。

 

イタリアではクリスマスに大切な人にパネトーネを贈ります

作り方に入る前に今回ご紹介するパネトーネについて説明します。パネトーネはイタリアの伝統的なパンで、クリスマスの時期になるとパネトーネを焼いて親しい友人たちに配るのが習わし。

レーズンやドライフツーツ、ナッツをぎっしりと混ぜ込んで「パネトーネ」という特殊なイースト焼き上げます。これは仔牛の小腸から採れるものなのですが、なかなか日本では手に入りづらいので今回は一般的なドライイーストで代用しています。なのでパネトーネ“風”なのです。

>>ではさっそく作ってみましょう!