レクリエーション名

猛獣狩り

必要な道具

とくになし

ルールや魅力などの説明

最終的に皆が親睦を深め、キャンプファイヤーの終盤へつなぐ目的のレクリエーションです

最終的に皆が親睦を深め、キャンプファイヤーの終盤へつなぐ目的のレクリエーションです


子供から大人まで楽しめるキャンプファイヤーの定番レクリエーションゲームのひとつです。

レクリエーションの中では盛り上げ系で、キャンプファイヤーの中盤以降、皆が打ち解けて気持ちが乗ってきたところで行うと、よりいっそう盛り上がります。

メインゲームの一つなので、大きな声で楽しく歌ったり踊ったり走ったりします。

特徴は、ルールが簡単なので誰でもすぐに覚えられること(複雑だと説明に手間取り、場がしらけてしまうおそれがある)、大人数向きなことです。

基本的には大人数から少人数のグループを作っていくゲームです。

遊び方は、リーダーが言った言葉と動作を、他のみんながまねしながら進めていきます。

ゲームの手順は下記のとおりです。

  1. リーダーが簡単なリズムをつけ歌うような感じで、手や膝を叩きながら、「猛獣狩りに行こうよ♪」、皆も続けて「猛獣狩りに行こうよ♪」と言います。
  2. 同じように今度は手を顔の前で左右に振って「猛獣なんて怖くない♪」、続けます。
  3. 同じように今度はヤリを投げるマネをしながら「ヤリだって持ってるし♪」、続けます。
  4. 同じように鉄砲を撃つマネをしながら「鉄砲だって持ってるもん♪」、続けます。
  5. 同じようにアドリブでここは毎回変えます。他の皆はリーダーに続きます。
  6. リーダーが適当に動物の名前を叫びます。他の皆はその動物の字数と同じ人数のグループをその場でぱっと作ります。

うまく作れたグループは抜けていき、その後は1~5の盛り上げに徹します。グループができなかったメンバーは1~6を繰り返します。最終的に皆が小グループに納まったら終了です。

ポイントは、集まったメンバーが盛り上がるように、リーダーがメンバーやその場の状況に応じてうまくアレンジすることです。特に盛り上がりを左右するアドリブのパートはリーダーの腕の見せ所です。

なお、何かテーマのあるキャンプなら、それに合わせて猛獣を別のワードに替えてみても良いと思います。

最終的に皆が親睦を深め、キャンプファイヤーの終盤へつなぐ目的のレクリエーションなので和気あいあいと楽しく行いましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。