くすみ、クマ、シミなどあらゆる肌トラブルの原因に

肩こりなどの原因として知られている血行不良。実はお肌にとっても大敵ということをご存知でしょうか? 顔色が優れない、くすんだ感じがする、クマが目立つ…。これらの症状は血行不良が原因かもしれません。

肌の色は、血色とメラニン量の影響を大きく受けています。血流が滞っていると、肌の赤味が減少し、黄色みや黒ずみが目立ち濁ってくすんで見えます。また、皮膚の新陳代謝が悪くなることで角質が厚くなり、メラニン色素が沈着して肌の透明感も失われてしまいます。特に皮膚の薄い目元は他の部分よりも影響を受けやすく、うっ血した静脈血がクマとなって透けて現れます。

そして、シミや老化など肌への悪影響を与えるのがターンオーバーの遅延です。血行不良になると血管が収縮し、肌の栄養源となる血液の血流が滞ってしまいます。その結果、細胞が必要な栄養や酸素を得ることができなくなり、新陳代謝であるターンオーバーが遅くなってしまうのです。


マッサージや温めケアで血行不良を改善

血行不良を改善するためには、血流を促すマッサージが効果的です。マッサージは肌を強くこすらないようオイルやクリームなどをつけて行いましょう。リンパの流れを意識して行うとより効果的です。また血管を拡張して血行を促すために、温めケアも有効です。蒸しタオルやスチームなどで肌を温め、さらに半身浴などの入浴も全身の血流を促進します。

交感神経を優位にさせる疲労やストレス、寝不足、冷えなどは血行不良の原因に。ストレッチやウォーキングなどの軽い運動で定期的に体を動かすと、ストレスを解消し血液の巡りを良くします。全身のストレッチはリラックス効果もあり、副交感神経が優位になることで血流促進にもつながります。


食生活から血管をキレイに

生姜は加熱して摂取するのが鉄則!

生姜は加熱して摂取するのが鉄則!


血管年齢を若く保つためには、健康な食生活が欠かせません。冷たい飲み物は避け常温もしくは温かい物をとりましょう。また食品では旬の野菜を摂るように心がけましょう。冬が旬の野菜(生姜、ごぼう、レンコン、ネギ、たまねぎ、かぼちゃ)など根菜類は体を温めます。夏が旬の野菜(トマト、きゅうり、レタス、キャベツ)は体を冷やすので要注意。生姜は体を温める代表的な食材ですが、生で摂取するとかえって体を冷やしてしまいますので、熱を加えて調理するようにしましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。