アドベントに楽しむドイツのクリスマス菓子

sweets1

シュトレンのほかにもドイツにはクリスマスのお菓子がいっぱい。アドベントに少しずつ楽しみながらクリスマスを迎えます

クリスマスはドイツ人にとってとても大切な行事です。クリスマスを迎える準備期間アドベント(待降節:クリスマス前の4週間)はドイツが一番輝く季節。各地でクリスマスマーケットが立ち町全体が温かい雰囲気に包まれます。

アドベントはドイツ菓子の本領発揮ともいえる季節。ドイツの伝統菓子にはクリスマスと結びついたものが多く、この時期になるとコンディトライ(お菓子屋さん)やベッカライ(パン屋さん)、デパート、スーパーのお菓子売り場に様々なクリスマス菓子が並びます。
スーパーのクリスマスコーナー

スーパーのクリスマスコーナー

ドイツでは11月後半にアドベント期間が始まり、12月に入ると家族や友人が集まりクリスマスクッキーを大量に作るのが伝統です。アドベントの週末ごとにアドベンツクランツ(キャンドル)に一つずつ灯をともしクリスマスを迎える準備をします。

クリスマス菓子は日持ちするものが多いのでお土産にもおすすめ。ドイツのクリスマス菓子とグリューワイン(ホットワイン)でアドベントのお茶会やパーティを開いてみませんか?

<関連記事>
アドベントのパーティにおすすめ
>>>ドイツの冬の定番!あったかグリューワインと作り方
 

ドイツでクリスマス菓子が買える場所

sweets2

美味しいクリスマス菓子なら町で人気のコンディトライへ。アドベントの時期は賑やかな飾りつけを見るのも楽しみです


■コンディトライ(お菓子屋さん)
まずは町のお菓子屋さん、コンディトライ(Konditorei)をのぞいてみてください。手作りの美味しいクリスマス菓子がたくさん並んでいます。各店の趣向を凝らした飾りつけを見ているだけでもウキウキしてきますよ。

■ベッカライ(パン屋さん)
ドイツのシュトレンはパン屋さん(Bäckerei)で作られることが多いです。チェーン店よりも個人経営の手作りパン屋さんの方がおいしいのでぜひ探してみてくださいね。

■スーパー、デパート
スーパーやデパートのお菓子売り場ではクリスマス特設コーナーにクリスマス菓子がてんこもり。専門店のお菓子にくらべると値段がうんと安いのでばらまき土産にぴったりです。最近は9月頃から早々とクリスマス菓子を置くスーパーもあるので、秋の旅行でも見つかる可能性大です。

■ドラッグストア
ドラッグストアのクリスマス菓子

ドラッグストアのクリスマス菓子もおすすめ。写真はドイツの大手ドラッグストア「dm」

スーパーと並ぶドイツのお土産の宝庫ドラッグストアにも季節になるとクリスマス商品が登場。ドイツの2大ドラッグストアチェーン「デーエム(dm)」「ロスマン(ROSSMANN)」はどこの街でも見つけやすいはず。特にデーエムは自社オリジナルのビオ食品が充実していておすすめです。

■クリスマスマーケット
クリスマスマーケットのレープクーヘン

クリスマスマーケットのレープクーヘン

クリスマス菓子の定番、レープクーヘンはクリスマスマーケットでも売られています。食用のレープクーヘンのほか、装飾用のレープクーヘンも豊富。ハートや星、サンタクロースやトナカイなどカラフルにデコレーションされたレープクーヘンはドイツならではのお土産です。特にニュルンベルクやアーヘンはレープクーヘン(アーヘンではプリンテンと呼ばれる)の名産地。シュトレンの発祥とされるドレスデンのクリスマスマーケットも有名です。
 


<関連記事>
絶対行きたい!本場ドイツのクリスマスマーケット8選

次のページでは、ドイツの様々なクリスマス菓子をご紹介します。