買物利便/交通利便/街もマンションも新しいピッカピカがいい! そんなわがままユーザーに応えてくれる新築マンションがありました。「京都桂川 つむぎの街 グランスクエア」です。

本物件の魅力は
  • JR/阪急の2WAYアクセス
  • 京都アドレス
  • イオンモールが目の前
の3点に集約されます。もちろん、他にも
  • 大規模物件(431戸)で共用部充実
  • 売主がメジャーなデベロッパー(近鉄不動産/野村不動産他4社)
  • 関西圏屈指の進学校、洛南高校の付属小学校が近接
といった点もポイントですが「3点の魅力」は、将来中古物件として売却する際も、非常にわかりやすいポイントです。

京都で希少な「大阪直通2線2駅」

つむぎの街、洛西口、桂川

線路下をバイパスする道路を挟み、左手にマンション、右手に駅舎が見える。目の前立地!

京都市内で大阪に向けての2線2駅利用できる場所は、そう多くありません。JR「西大路」駅~阪急「西京極」駅は30分程、JR「京都」駅~阪急「烏丸」駅は20分程で歩けます。大阪直通の2線2駅はこの2か所とJR「桂川」駅~阪急「洛西口」駅間位。JR「桂川」駅と阪急「洛西口」駅が直線で10分かからないというのは、格段に交通至便といえます。どちらの駅からも「徒歩10分以内」で(もちろんJR「桂川」駅からは「徒歩3分以内」!)検索にかかります。

京都市という住所の強みあり

つむぎの街、洛西口、桂川

駅の南側にある「京都銀行金融大学校桂川キャンパス」。他にもオムロンの研究開発拠点の施設が置かれるなど京都色豊かな再開発エリアとなっている。l

京都アドレス、というのも強みです。具体的な数字は割愛しますが、2014年現在、京都の中心部いわゆる「田の字エリア」は大変価格が高騰しています。それに比べて「京都桂川 つむぎの街 グランスクエア」は市内中心部を離れた「郊外価格」であり、一般的なサラリーマン層がファミリー物件として購入できるレベルです。

また京都市内でJR東海道本線の駅は本件最寄駅となるJR「桂川」駅、「西大路」駅、「京都」駅、「山科」駅の4つしかありません。JR「桂川」駅は南側が向日市域、JR「山科」駅は北側が山林部となり、「JRを利用して大阪勤務」という方に対しての検討対象物件はかなり少なくなります。中古物件になった時の資産価値維持を考えると、有利なポイントです。

イオンモールが目の前!便利!

つむぎの街、洛西口、桂川

南西方向から見た「イオンモール京都桂川」の夜景

最後に「イオンモール」が目の前という点。これは、言わずもがなですね。駅前立地を好む人は、利便性を好む人。もちろん買物利便も欲しています。駅が目の前であるだけでなく、そこに「エリア最大級」のショッピングモールがあるというのは、同じ駅前物件でも評価大です。駅前評価順列をつけるとJR「京都」駅>JR「桂川」駅>JR「山科」駅>>>JR「西大路」駅となるのではないでしょうか。

ちなみにJR「京都」駅徒歩5分のイオンモールKYOTOの総賃貸面積が約50,000平米であるのに対して、JR「桂川」駅直結のイオンモール京都桂川は約77,000平米。私も中を歩きましたが、広い広い! 目の前にあり足しげく通っても、当分は飽きなさそうです。

では、次ページではマンションギャラリーを写真中心にご紹介いたします!