ビザンチンチェーンのブレスレット 材料・作り方

  • 丸カン 1.4(線径=太さ)×8mm(外径)古美金……72個※
  • Tピンまたは9ピン 0.7mm×なるべく長いもの……4本※
  • 淡水パール 約10mm×15mm……4個※2
  • マンテル 14mm×20mm程度のサイズ 古美金……1個
※作りたいブレスレットの長さや、淡水パールのサイズによって長さ・数を調整する。
※2 好みのサイズ・素材にアレンジしてOK

ビザンチンチェーンブレスレット

モチーフの完成一歩手前でストップ

1.ビザンチンチェーンの編み方を参照し、手順8の段階まで編んだものを5個作る。

 
ビザンチンチェーンブレスレット

丸ペンチの太い部分を使って丸めます

2.淡水パールに9ピンまたはTピンを通し、先端から直径4mm程度の輪を作るように、丸ペンチで丸める。2重巻きにするとより強度が出る。手早い&失敗なし!裏ワザピンの丸め方
丸めたら、淡水パールを丸めた部分の根本まで寄せる。

 
ビザンチンチェーンブレスレット

ビーズを寄せる前に90度に曲げてもOK

3.2で丸めた部分の根本を90度曲げ、輪がビーズの正中線上に来るよう調整する。

 
ビザンチンチェーンブレスレット

丸カンは元々の輪を広げて使ってもOK

4.反対側の、9ピンまたはTピンの「頭」をカットし、同じく直径4mm程度の輪を作るように丸め、角度を調整する。

 
ビザンチンチェーンのブレスレット

丸カンは1個ずつ確実に通して

5.1で作ったビザンチンチェーンのモチーフに丸カン2個を通し、4で作った淡水パールのパーツを通す。丸カン2個の両方に淡水パールパーツの輪を通すこと。

 
ビザンチンチェーンブレスレット

長くつなげばネックレスにもなります

6.同様に、ビザンチンチェーンと淡水パールパーツを交互につなぐ

 
ビザンチンチェーンのブレスレット

留め具は好みのものを使ってOK

7.両端に丸カン1個ずつで、マンテルを付ける。

 
ビザンチンチェーンのブレスレット

丸カンがぴったり閉じているか最終確認を

完成!
カンやピンに歪みや目立ったずれ・隙間がないかを確認し、完成。

 
ビザンチンチェーンモチーフを1個には、14個の丸カンが必要です。作りたいブレスレットの長さに合わせ、モチーフの数、および淡水パールの数は調整してください。

また淡水パールは、他のビーズにアレンジしてもOKです。好みのバランスになりそうな素材を選んでみてくださいね。丸カンの色を変えることでも作品の印象が変わります。長くつなげば、ネックレスにもなりますよ!


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でビーズを見る

Amazonでビーズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。