ビザンチンチェーンの編み方

ビザンチンチェーンの編み方

複雑な編地が美しい、チェインメイルの代表的な編み方の一種


  • 材料:丸カン……14個(1モチーフ)※サイズはレシピに準ずる
  • 道具:先曲がりペンチ・幅広平ペンチ・指カン(あればなお良い)
幅広平ペンチundefined先曲がりペンチ

チェインメイル必須のツール

チェインメイルの作成時には、幅広平ペンチ(左図左)と先曲がりペンチ(左図右)を使います。

 
ビザンチンチェーンの編み方

丸カンがずれないようしっかりとは挟んで

左手に先曲がりペンチ、右手に幅広平ペンチを持ち、それぞれのペンチの先端が丸カンの開閉口に平行になるように挟んで開閉しましょう。

 
ビザンチンチェーンの編み方

丸カンは2個ずつ使います

1.丸カンを2個ずつ、図中のA・B・Cのようにつなぐ。

 
ビザンチンチェーンの編み方

慣れてきたらこの状態から始めてもOK

2.丸カンCを、A2個を挟むように開き、図のように持つ。

 
ビザンチンチェーンの編み方

丸カンCを多少押し出すように持つとラク

3.丸カンA2個とC2個を持ちながら、丸カンBを開く。

 
ビザンチンチェーンの編み方

まずは1個取り付けます

4.開いた丸カンBの間から丸カンC2個を引き出し、新たな丸カンA2を通し、閉じる。

 
ビザンチンチェーンの編み方

丸カンのとじ目は常にぴったりと

5.同じ位置にもう一個丸カンA2を通し、閉じる。

 
ビザンチンチェーンの編み方

この状態が「ハーフビザンチン」

6.置いてみると図のようになる。

 
ビザンチンチェーンの編み方

手順1と同じ状態になる

7.A2:2個に、新たな丸カンB2:2個、C2:2個を通し、閉じる。

 
ビザンチンチェーンの編み方

手順2とは向きが90度異なりますが、作業は同じ

8.手順2と同じように、丸カンC2を開く。

 
ビザンチンチェーンの編み方

手順3と違い、丸カンCがすでに引き出されています

9.手順3と同じように、丸カンB2を開く。開いたB2の間から見えるC2:2個に、新たな丸カンを2個通し、閉じる。

 
ビザンチンチェーンの編み方

水平においた時、形が崩れないのが成功の証

10.これで1モチーフが完成。左図は置いてみたところ(90度向きを変えています)。さらに続けて編むときは、手順7以降を繰り返す。



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でビーズを見る

Amazonでビーズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。