2014年11月16日――花組娘役トップスター・蘭乃はなさんが、ミュージカル『エリザベート -愛と死の輪舞(ロンド)-』の千秋楽(東京宝塚劇場)にて宝塚歌劇団を退団しました。

同時に、春花きらら(2005年入団)さん、大河 凜(2007年入団)さん、花奈 澪(2007年入団)さん、美蘭レンナ(2009年入団)さんも退団しました。

また、『Ernest in Love』のセシリィ、『ファントム』のカルロッタ、『エリザベート』のゾフィーなどの大役を、いつもパワフルに演じた演技巧者、桜 一花(1999年入団)さんも退団しました。


蘭乃はな 主な舞台歴

月組時代
2007年『パリの空よりも高く』新人公演・カロン(本役・夢咲ねね)
2007年『大坂侍』 おきみ
2008年『ME AND MY GIRL』 新人公演・ジャッキー(本役・城咲あい/明日海りお)
2008年『夢の浮橋』 新人公演・浮舟(本役・羽桜しずく) *新公初ヒロイン
2009年『二人の貴公子』 牢番の娘
2009年『エリザベート』 マデレーネ
2009年『ラスト プレイ』 ポーリーン/(新人公演) エスメラルダ
2010年『HAMLET!!』 オフィーリア *バウホール公演初ヒロイン

花組時代
2010年『虞美人』 青青/戚

花組トップ娘役時代<トップスター・真飛聖>

2010年『麗しのサブリナ』 サブリナ *トップ娘役お披露目
2010年『メランコリック・ジゴロ』 フェリシア
2011年『愛のプレリュード』 キャシー・ローレン

『カノン』蘭寿とむ・蘭乃はな

(C)宝塚歌劇団 (C)宝塚クリエイティブアーツ

花組トップ娘役時代<トップスター・蘭寿とむ>

2011年『ファントム』 クリスティーヌ・ダーエ
2011年『小さな花がひらいた』 おりつ
2012年『復活 -恋が終わり、愛が残った-』 カチューシャ
2012年『長い春の果てに』 エヴァ
2012年『サン=テグジュペリ』コンスエロ
2012年蘭寿とむコンサート『Streak of Light -一筋の光…-』
2013年『オーシャンズ11』 テス・オーシャン
2013年『戦国BASARA』 いのり
2013年『愛と革命の詩-アンドレア・シェニエ-』 マッダレーナ・ド・コワニー
2014年『ラスト・タイクーン ―ハリウッドの帝王、不滅の愛―』 キャサリン・ムーア/ミナ・デービス

花組トップ娘役時代<トップスター・明日海りお>
2014年『ベルサイユのばら』―フェルゼンとマリー・アントワネット編― マリー・アントワネット
2014年『エリザベート -愛と死の輪舞-』 エリザベート


蘭乃はなさんは、2006年 宙組公演『NEVER SAY GOODBYE』で初舞台を踏みました。
愛称、らん。
元宙組娘役で同期生のすみれ乃麗さん(7月27日に『ベルサイユのばら』で退団)は、双子の妹さんです。

初舞台後、月組に配属されます。
新人公演初ヒロインは2008年『夢の浮橋』。二人の貴公子に愛される浮舟(本役・羽桜しずく)を、しっとりと品良く演じました。
そしてバウホール公演初ヒロイン、『HAMLET!!』のオフィーリアを最後に、蘭乃さんは月組から花組へ組替え。
2010年、桜乃彩音さんの後任として、11年も学年が上の真飛聖さんの相手役として花組トップ娘役に抜擢されます。

トップ娘役としてのお披露目作品は『麗しのサブリナ』。サブリナパンツもショートカットも似合う、可愛らしいサブリナでした。