花組 三井住友VISAミュージカル『エリザベート―愛と死の輪舞―』

観る者を一瞬も飽きさせない……。『ベルサイユのばら』と並び、宝塚歌劇の代表作と呼ばれるのが、オーストリア=ハンガリー帝国の皇后・エリザベートの生涯を描いた『エリザベート―愛と死の輪舞(ロンド)―』。
ミヒャエル・クンツェの脚本・作詞、シルヴェスター・リーヴァイの作曲により大ヒットしたウィーン発のミュージカルを、宝塚歌劇団演出家・小池修一郎が宝塚歌劇にチェンジさせました。

歌、芝居、ダンスがミックスされたそれまでの宝塚歌劇のミュージカルとは違い、『エリザベート』は、ほぼ歌で表現します。その音楽が実に素晴らしい。どのナンバーも美しく刺激的でドラマティック。歌声とオーケストラが生み出すアンサンブルの迫力に鳥肌が立ちます。

『エリザベート』2009年月組undefined瀬奈じゅん

(C)宝塚歌劇団 (C)宝塚クリエイティブアーツ

ウィーン版はエリザベートが主役ですが、トップスターが主役を演じる宝塚では、死=黄泉の帝王・トートが主役。長い髪でミステリアスなトートは、これまでの男役像とは一味違う魅力を作り出しました。
宝塚歌劇団で初演されたのは1996年。初代トートは、自身のサヨナラ公演でもあった雪組トップスター・一路真輝。その後、麻路さき、姿月あさと、春野寿美礼彩輝 直水 夏希瀬奈じゅんが演じてきました。演者が変わるたびに、全く違う色のトートが誕生する点も、『エリザベート』の醍醐味でしょう。

今回、8代目のトートを演じるのは、花組トップスター本公演お披露目となる明日海りお。2009年月組公演でルドルフ、そして新人公演でトートを演じているだけに、期待がかかります。

肖像画そっくりの豪華な衣装を身にまとい、タイトルロールのエリザベートを演じるのは蘭乃はな。蘭乃はなにとってこれがサヨナラ公演となります。
皇帝フランツ・ヨーゼフには専科より特別出演の北翔海莉
暗殺者そして狂言回しの役割のルイージ・ルキーニには望海風斗が演じます。
またルドルフは、芹香斗亜柚香 光の役替わりです。

脚本・歌詞 ミヒャエル・クンツェ
音 楽 シルベスター・リーヴァイ
オリジナルプロダクション  ウィーン劇場協会
潤色・演出 小池修一郎

次のページでは歴代の主な配役をご紹介します。