2007年12月24日——花組トップスター・春野寿美礼さんが、ミュージカル・ピカレスク『アデュー・マルセイユ』-マルセイユから愛を込めて-/グランド・レビュー『ラブ・シンフォニー』の千秋楽(東京宝塚劇場)にて宝塚歌劇団を退団しました。

クリックするとDVD購入ページへ飛びます
(C)宝塚歌劇団 (C)宝塚クリエイティブアーツ

サヨナラショーは『TAKARAZUKA舞夢!』『レヴュー誕生』」『エンター・ザ・レビュー』『ファントム』『マラケシュ・紅の墓標』『落陽のパレルモ』『Appartment Cinema』『La Esperanza』など、春野寿美礼の歴史を作った作品のナンバーや新曲「こんなにも愛されて」で綴られました。

また同時に、春野さんの同期で名ダンサーの鈴懸三由岐さん(1991年入団)をはじめ、花純風香さん(1995年入団)、嶺輝あやとさん(1999年入団)も退団しました。

そして——専科の立ともみさん(1968年入団)も退団しました。
初舞台から花組時代は名ダンサーとして活躍し、星組、専科を経て月組組長に。その後、再び専科に移籍。
「ガイズ&ドールズ」のブラニガン警部、「エリザベート」のマックス、「維新回天・竜馬伝!」の勝海舟、「アデュー・マルセイユ」のフィリップなど、洋物、日本物問わず、立さんのお人柄通りの包容力のある温かい演技が、いつも舞台をキリリと締めてくれました。


オサちゃんこと春野寿美礼さんは、1991年月組公演『ベルサイユのばら』-オスカル編-で初舞台を踏みました。

同期生には、星組トップスター・安蘭けいさん、元雪組トップスター・朝海ひかるさん、元宙組娘役トップ・花總まりさん、元専科の成瀬こうきさんらが。

主な舞台歴

1994年 『ブラック・ジャック 危険な賭け』新人公演/ケイン(本役・真矢みき、愛華みれ)
  『チャンピオン!』ベニート
1996年 『HURRICANE』リカルド
  『ハウ・トゥー・サクシード』新人公演 フィンチ(本役・真矢みき)*第2部初主演
1997年 『失われた楽園』新人公演 アーサー(本役・真矢みき)*主演
  『ザッツ・レビュー』新人公演 春風泰平(本役・真矢みき)*主演
  『ブルー・スワン』ベルナルド
1998年 『ヴェロニック』コクナール
1999年 『夜明けの序曲』津坂幸一郎/岡本綺堂/エトワール
  『冬物語』中村富五郎/十六夜 *バウホール初主演
  『タンゴ・アルゼンチーノ』マイク
2000年 『源氏物語 あさきゆめみし』刻の霊
  『夢と孤独の果てに~ルードヴィィヒ?世』リヒャルト・ホルニヒ
2001年 『ミケランジェロ』ラファエロ
  『カナリア』ラブロー神父/ジュール
2002年 『琥珀色の雨にぬれて』ルイ/クロード(東京宝塚劇場公演 主演代役)