温泉と紅葉を同時に楽しめる! おすすめスポットベスト5

秋から冬にかけてのシーズンの楽しみといえば「温泉」と「紅葉」。日本にはたくさんの温泉、たくさんの紅葉の名所がありますが、中には温泉地自体に紅葉の名所がある場合も多いです。そこで、今回は「温泉地で見る紅葉ベスト5」を紹介します!


第五位 伊香保温泉の紅葉(河鹿橋)

伊香保温泉河鹿橋の紅葉

伊香保温泉河鹿橋の紅葉 (c) Satoshi Fujita


伊香保温泉は実は紅葉の名所で、日本気象協会でも紅葉の色付き情報を発表しています。温泉街一番奥の高台に日帰り入浴可能な露天風呂があり、付近一帯が紅葉の名所ですが、その手前の湯元「河鹿橋」周辺の紅葉が、写真の通りの素晴らしさです。

紅葉の時期にはライトアップも行われるので、夜間も楽しめます。ライトアップ期間は紅葉の状況に応じて直前に決まり、今年のライトアップ期間は10月28日(火)から11月16日(日)までの、連日午後4時30分から午後10時30分まで点灯する予定。今、まさに最盛期を迎えているので、早めに見に行きましょう。

■伊香保温泉の紅葉(河鹿橋) データ
・所在地:渋川市伊香保町伊香保590番地付近
・地図:yahoo!地図情報(河鹿橋)
・紅葉時期の目安:10月下旬~11月上旬
・駐車場:温泉街にあり(有料と無料がある)
・ライトアップ:あり


第四位 塩原温泉の紅葉(もみじの湯)

塩原温泉もみじの湯

塩原温泉もみじの湯 (c) Satoshi Fujita


塩原温泉では温泉街東側の塩原渓谷が紅葉の名所で、こちらも日本気象協会が塩原渓谷の紅葉の色付き情報を発表しています。温泉街周辺の紅葉は散在しているので、事前に紅葉名所を良く調べておかないと、紅葉を見つけられず拍子抜けしてしまいます。

温泉街周辺の紅葉名所は、塩原温泉塩釜地区の四季の里と呼ばれるエリアで「天皇の間記念公園」の裏手辺りです。他に塩原温泉新湯地区に行く途中に通称大曲と呼ばれるヘアピンカーブ内側の紅葉が素晴らしく、秋の塩原に何度も行った人にはすぐに分かる場所です。

最大のおすすめは、写真のもみじの湯です。塩原もの語り館の向かいにあり、紅の吊橋を渡って行きます。塩原もの語り館から対岸を眺めるだけで既に絶景ですが、もみじの湯の湯では温泉も楽しめるので一層感激です。温泉の湯気のせいか、この付近の紅葉は塩原でも一番遅いので、既に紅葉の盛りを迎えた塩原ですが、もみじの湯の紅葉最盛期は、まさにこれからです!

もみじの湯は100円を料金箱に入れるだけで入れる気軽な公共の露天風呂ですが混浴です。また、塩原もの語り館の駐車場は日中は常時満車状態なので、早朝がおすすめ。早朝は付近を散歩している人が多いのですが、地元の人にとっては温泉はありふれているようで、温泉に入っている人は何故か少なく、紅葉時期でもゆっくり入って紅葉を満喫出来ます。(この記事を読んで行く人が殺到しない限りですが。)

■塩原温泉の紅葉(もみじの湯) データ
・所在地:栃木県那須塩原市塩原古町
・地図:yahoo!地図情報(もみじの湯)
・紅葉時期の目安:10月下旬~11月上旬(もみじの湯は最終盤が最高潮)
・駐車場:温泉街にあり(無料)
・ライトアップ:なし

次ページでは、温泉地で見る紅葉の第三位を発表します!