今回は、大学・短大に比べて入試方法や種類が多岐にわたる専門学校の入試/受験について解説いたします。入試の種類によっては時期が異なることはもちろん、受験料免除や入学金、学費が減免されることもありますので、学校選択と同じく、入試方法の比較検討もあなどれません。では、どの入試を選択すればよいか、出願から合否の結果が出るまでの流れや、入試の種類について受験者の状況別に考えてみたいと思います。

出願から合格に至るまでの入試の流れ

1.まずは希望する専門学校のHPや進路情報誌の資料請求ハガキなどで出願書類を取り寄せます。
(“募集要項”“入試要項”と書かれた冊子に同封されています。)

2.高校生であれば事前に進路指導部の先生や担任と相談しましょう。
(書類審査の際に必要な調査書を作成してもらわなくてはいけません。)

3. 入試の種類を選択します。
(次の章にて詳細を解説いたします。)

4. 受験料を振込み、出願書類を作成して送付します。
(書類審査のみの場合は、約一週間程度で個別に合否の通知がきます。書類審査だけでなく面接や学科試験も課す学校はその案内が届きます。)

学生募集要項

出願書類の確認は保護者も一緒に!



専門学校の入試は医療系か、それ以外かで大きく違います

専門学校の入試/受験についての大きな特徴は、希望している分野が人気が高い医療系か、それ以外なのかということです。医療系分野の入試/受験は偏差値の高い大学の一般入試と同じで、『受験生が学校を選ぶ』入試というより、『受験生が学校に選ばれる』入試という表現の方が適切です。

当然のことながら、定員数に対して出願者が多ければ、合否の基準を明確にし、受験者を序列化する必要があります。具体的な医療系専門学校の学科/職種でみてみると、看護師、柔道整復師、理学療法士、作業療法士、臨床工学技士、臨床検査技師、診療放射線技師、言語聴覚士、視能訓練士、救急救命士などが高倍率となります。

一方、上記に挙げた医療系以外の分野は受験者を序列化する入試ではなく、合格を前提とした入試となります。つまり、医療系分野の入試が偏差値を考慮した縦軸型とするならば、それ以外の分野は複数校の中から、選考方法や時期を比較して絞り込んでいく横軸型になります。

医療系以外の分野では、どのような入試の種類があり、特徴があるのかを次ページにて具体的に解説いたします。