こだわれば、果て無し。
美容医療「ミクロの決死圏」スタート!

a01

追求を重ねるほど奥が深くなるのが美容医療の世界

シミ消し、シワ取りに脂肪の解消など、最新の美容医療にかかれば、これまで諦めざるを得なかった肌悩みもほとんど解消できる時代になりました。

おかげで我々は「あくなき美の探究者」となって日毎夜毎に美容に邁進できるわけですが、そのおかげで困った問題が起こることもあります。

例えば、大きなシミを取ると今まで見えなかった細かいシミが気になってくる、目立つシワを取ると他の浅いシワまで気にかかる。
まさに追求すればするほどキリがないのが美容の世界。

まあ、人から見ればまったく気にならないような弱点なんですが、本人的には一度気が付いてしまうと、どうしても解消したくなるものです。

 


a02

自分だけが気になる「ミクロな欠点」をバッチリ克服!

よって今回からしばらく、他人はほとんど目に留めないけど、自分ではとっても気になる「ミクロな弱点克服」に役立つメニューについてご紹介します。
もちろんこの貧乏性ガイドが薦めるものですから、どれもお値段控えめ&効果絶大というものばかり! 気になっていたお悩みが解消すること請け合いですよ!!

 


ミクロ美容第一弾は、まぶたのたるみ解消!

a03

顔の上半分に起こるたるみは下半分にも影響を与えています。

「たるみ」というと二重アゴやゴルゴ皺、法令線など、顔の下半分に起こる症状を連想しがちですが、当然顔の上半分もたるんできます。
中でも顔全体の印象に大きな影響を与えるのが「まぶたのたるみ」。

 

a04

加齢を重ねることで、必ずたるんでくるのが瞼

うんと高齢の方のお顔を思い出してみると、まぶたにシワがよってショボショボして、目が小さくなっているはず。あれこそがまぶたのたるみによっておこるものです。
あそこまで行かないまでも、進行していくにつれて額の横ジワをはじめ、頭皮のコリ、頭痛の原因になることもあるそうです。
最近アイラインが引きにくいくなった、マスカラがやけにまぶたにくっつく、なんて人は瞼のたるみが起こり始めているサイン! まさに美容クリニックの相談時ですよ!

 


それでは実際の瞼のたるみ治療をご紹介!