日帰りでも楽しめる!京都らしい散歩道7選

新幹線を使えば、東京から京都まで2時間ちょっと。いまや、京都は首都圏からの日帰り旅行も楽しめる観光スポットです。

たとえ短時間の滞在でも、ここを歩けば「京都に来て良かった!」と思える"京都らしい"風情を味わえる散歩道7選を紹介します。
嵯峨野の竹林の道

嵯峨野の竹林の道


この記事で紹介するのは、桜と紅葉がおすすめ「哲学の道」、一度は歩いてみたい「嵯峨野の竹林の道」、"京都のイメージ"そのままの「石塀小路」、にぎやかな「二年坂・産寧坂」を歩いて清水寺へ、"京都らしい"風情が残る「祗園の町並み」をそぞろ歩き、世界遺産「上賀茂神社」と江戸時代の芸術村、「きぬかけの路」を歩いて世界遺産めぐりの7つの散歩道です。

桜と紅葉がおすすめ「哲学の道」

はじめに紹介するのは、京都を代表する散歩道「哲学の道」。名前の由来は、京都大学で教鞭(きょうべん)をとっていた哲学者の西田幾多郎(にしだきたろう 1870~1945)博士が、この道を思索にふけりながら散歩していたから、といわれます。
紅葉の時期の「哲学の道」

紅葉の時期の「哲学の道」


【歩き方・おすすめ散歩プラン】

京都有数の紅葉の名所「永観堂(えいかんどう)」の北に位置する「熊野若王子(くまのにゃくおうじ)神社」前が、哲学の道の南側のスタート。ここから北へ、東山の裾野に沿うようにして石畳の道が「銀閣寺」前まで、およそ1.8km続きます。

哲学の道の傍らに流れるのは、「琵琶湖疏水(びわこそすい)」。明治時代に京都の近代化のために造られた水路は、今なお京都市の水道水や水力発電のために使われています。
法然院

法然院


哲学の道沿いには、いくつかの小さなお寺や神社がありますが、ぜひ、立ち寄りたいのが「法然院」。鎌倉時代に法然上人によって開かれたという、境内の苔がとても美しい古寺です。

小一時間ほど歩き、銀閣寺に近づくと、道沿いに土産物を売る店などが増えてきて、次第ににぎやかになってきます。
「哲学の道」の桜のトンネル

「哲学の道」の桜のトンネル


哲学の道は、春夏秋冬いつ歩いても四季折々の風情が楽しめますが、とくにおすすめなのは、延々と続く桜のトンネルを楽しめる春先と、燃えるような紅葉が美しい晩秋の頃。

歩くペースにもよりますが、法然院・銀閣寺の拝観をあわせても約2時間のコース。さらに南禅寺や永観堂を拝観したり、名物の湯豆腐を食べたりすれば、より充実した観光プランになります。

<DATA>
■哲学の道
熊野若王子神社前~銀閣寺 約1.8km
アクセス:熊野若王子神社へは、地下鉄東西線「蹴上」駅から徒歩約12分
哲学の道・岡崎観光マップ
法然院ホームページ

【関連記事】
京都の桜散歩に!東山エリアの桜の名所7選
紅葉の季節の京都・東山 永観堂から哲学の道へ