2階(ナポリ派・バロック絵画)

Flagellazione

カラヴァッジョの《キリストの鞭打ち》のある部屋 (c)Ewa Kawamura


Giordano

ルーカ・ジョルダーノの絵のある部屋 (c)Ewa Kawamura

2階は、16世紀のタピスリーの間にはじまり、中心部にはこの美術館の目玉作品のひとつであるカラヴァッジョの《キリストの鞭打ち》(1608年)が。ドラマチックな彼独自の明暗法が、より際立つように配置されています。この絵はもともとナポリの中心部サン・ドメニコ・マッジョーレ教会にあったもので、この階には、かつて同教会にあったティツィアーノ《受胎告知》(1557年)も展示されています。

Solimena

ソリメナの絵のある部屋 (c)Ewa Kawamura

さらにこの階は、「ナポリ派」と呼ばれる16-17世紀のナポリで活躍した画家たちの宗教的な作品が中心となっています。主な画家は、ダイナミックな筆致のルーカ・ジョルダーノ、フランチェスコ・ソリメナ、パオロ・デ・マッテイス、ホセ・デ・リベーラ、マッシモ・スタンツィオーネ、マッティア・プレーティ、ファブリツィオ・サンタフェーデ、フィリッポ・ヴィターレで、一人につきほぼ一部屋ずつが割り当てられ、これはカポディモンテ美術館の醍醐味でもあります。またバロック時代の静物画の部屋もこの階にまとめられています。

3階(19~20世紀コレクション)

Domenico Morelli

19世紀絵画のセクション (c)Ewa Kawamura


Warhol

20世紀アートのセクション (c)Ewa Kawamura

3階へアクセスする導入部の2階と3階には、現代アートのセクションもあり、ナポリの建築や美術をテーマにする写真家ミンモ・ヨーディチェの作品や、ナポリにも来たことのあるアンディ・ウォーホルの《ヴェスヴィオ火山》(右の写真)もあります。19世紀のナポリで活躍した画家と彫刻家のセクションも3階で、ドメニコ・モレッリ、ヴィンチェンツォ・ジェーミト、フランチェスコ・アルタムーラ、フィリッポ・パリツィらの作品が並びます。

■その他のセクション
Sol lewitt

ソル・ルウィットの間 (c)Ewa Kawamura

以上、1階から3階まで見学した後も、近年開設された新しい展示室が待っています。中庭に出る前の左手には、19世紀末から20世紀初頭にかけてナポリで繁栄した服飾店「メーレ」のベルエポックな広告ポスター・コレクションの部屋があります。その手前には、アメリカの現代アーティスト、ソル・ルウィットによる部屋そのものが作品になった部屋(2002年)も。中庭の反対側には、2012年12月にオープンした「19世紀セクション」があります。

Ottocento

2012年よりオープンした19世紀セクション (c)Ewa Kawamura

6角形の吹き抜け階段を上った中2階にあり、王族のプライベート・アパートメントであったところを公開しているので、部屋でくつろぐ雰囲気で、美術品に囲まれた当時のインテリアも楽しめます。

美術館と王宮の歴史については、こちらへ>>>美術館とともに! カポディモンテの王宮と庭/ナポリ

<DATA>
■Museo Nazionale di Capodimonte(国立カポディモンテ美術館)
見学時間:8:30~19:30(毎日開館)
住所: Via Miano, 2, 80137 Napoli
TEL:+39 081 749 9111
アクセス:市内バスまたはタクシー(バスは危険地区を通過し、時間帯によっては本数も少ないので、タクシーがお薦めです)




【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。