シャープの掃除機・クリーナー

日本で最初にサイクロン掃除機を発売したのがシャープ。サイクロンの原理を忠実に搭載し、遠心分離でしっかり空気とゴミを分離している。除菌イオンがさらにパワーアップした「プラズマクライスターイオン」で、部屋の空気もきれいに!

■代表機種:プラズマクラスター搭載パラレルフローサイクロン【EC-G8X】※2016.9発売
小型モーターや軽量なグラスファイバー素材を採用することで、本体3.1kgの軽量化を実現。Wスクリューによってダストカップのホコリがプレスされるので、細かい塵の舞い上がりが抑えられる。

プラズマクラスターで静電気が抑制され、ダストカップへのゴミの付着もなくゴミ捨ても楽。独自の「2段階遠心分離サイクロン」を搭載し、ダストカップ上のプリーツフィルターが不要になり、目詰まりなしに!
 
■代表機種:プラズマクラスター搭載遠心分離サイクロン【EC-QX310】
自動お掃除フィルター機能などを削除してとことんシンプルにした、プラズマクライスターイオン搭載のコンパクト超軽量タイプ。走行性が良く、上下階異動や段差が多い戸建てにはおすすめ。
 
「高性能&コンパクト!シャープEC-AX110」お試しレポート>>


■代表機種:コードレスサイクロン RACYIVE Air【EC-A1R】※2016年12月発売
ドライカーボン採用で総重量1.5kgという超軽量タイプのコードレス。バッテリーを取り外して充電するスタイルで、充電のしやすさと収納しやすさを実現。ホウキ感覚でさっと使える。充電池2個同梱で長時間の稼働も可能なプレミアムパック【EC-A1RX】もあり。
  参考:「実力派コードレスクリーナー・シャープFREED」お試しレポート>>


【関連サイト】
シャープ 掃除機・クリーナー(メーカー公式サイト)
スティッククリーナーおすすめ人気ランキング9選|コードレスなら場所を選ばない!
キャニスター掃除機おすすめ人気ランキング10選|サイクロン式と紙パック式を徹底比較!
ロボット掃除機おすすめ人気ランキング10選|付加機能満載の高コスパモデルはこれ!


【おすすめ掃除機・クリーナーのメーカー別特徴INDEX】
<国内メーカー>
東芝:新サイクロン機構でコンパクトデルが充実
日立:いち早く排気クリーンに着目したメーカー
三菱電機:独自の機構で本格サイクロンを実現
パナソニック:かゆい所に手が届く細かな機能が特徴

<海外メーカー>
ダイソン:サイクロンを世に送り出したイギリスの掃除機専業メーカー
エレクトロラックス:世界で初めて掃除機を発表したスウェーデンのメーカー
ケルヒャー:高圧洗浄機の世界トップを誇るドイツのクリーナー専業メーカー

■メーカ別特徴のTOPページに戻る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。