エレクトロラックスの掃除機・クリーナー

世界初の掃除機を発表した、掃除機シェア世界No.1!スウェーデン老舗家電メーカー。紙パック式のクリーナーはロンクセラーで、ペットオーナーやアレルギー対策をしたい人に人気がある。


■代表機種:ergothree auto【EET530SO】※2012年発売
2012年2月、初の日本仕様となる紙パック掃除機が登場。高いクリーニング性能・清潔性能・使い心地にこだわり、特に、静音性の高さは見事! スイッチを入れても運転音が聞こえないほどの静かさに驚かされます。

冬が長く家で過ごすことが長い北欧では、家庭の中での静音性はかなり重視されているとのこと。夜や早朝に掃除機をかける人におすすめ。

「Electrolux 紙パック掃除機 ergothree auto」 お試しレポート >>


■代表機種:ergorapido Lithium Bed Pro Power 【ZB3233B】※2016年9月発売
フロア・ハンディ・ふとんクリーナーにもなる3in1タイプで。リチウムイオン採用でパワーアップ。18Vモデルは、ターボパワー・リチウムイオン電池を搭載し、最大45分の連続運転が可能。

ブラシのからまりをケア、ブラシロールクリーン機能は秀逸。デザインもきれいで出したままでも気にならず、ワンルームなどのひとり暮らしに人気。


【関連サイト】
エレクトロラックス 掃除機・クリーナー(メーカー公式サイト)


【おすすめ掃除機・クリーナーのメーカー別特徴INDEX】
<国内メーカー>
シャープ:国産初のサイクロンクリーナーを発売
東芝:新サイクロン機構でコンパクトデルが充実
日立:いち早く排気クリーンに着目したメーカー
三菱電機:独自の機構で本格サイクロンを実現
パナソニック:かゆい所に手が届く細かな機能が特徴

<海外メーカー>
ダイソン:サイクロンを世に送り出したイギリスの掃除機専業メーカー
ケルヒャー:高圧洗浄機の世界トップを誇るドイツのクリーナー専業メーカー

■メーカ別特徴のTOPページに戻る


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。