ダイソンの掃除機・クリーナー

サイクロン式を世に送り出したイギリスのメーカー。そのデザインと価格が衝撃的で、一躍サイクロンの代名詞としてブレイク。吸引力だけではなく「ごみ集じん率」を提唱し、きちんとゴミが取れることをPR。運転音が大きいと言われてきたが、最近は静音性も向上している。


■代表機種:Dyson Ball Fluffy
 ボールテクノロジーを搭載した車輪で走行性を格段に向上。ダイソンデジタルモーターを搭載し、サイクロン部分を2段に増やし、さらなる集じん力を実現。独自のソフトロールブラシを搭載した最新モデル。

 「ダイソン サイクロン式掃除機 DC26 turbinhead」 お試しレポート>>


■代表機種:Dyson V7 Triggerpro

デザインが魅力的なハンディタイプ。強力なパワーと部屋の空気よりきれいな排気が特徴。多彩なノズルとカーチャージャー同梱で車の掃除にも便利。

「ダイソン ハンディ掃除機 DC31motorhead」 お試しレポート>>


■代表機種:Dyson V8 fluffy ※2016年5月発売
コードレススティックの最上位モデル。ヘッドカバーからはみ出すほど大きな「ソフトローラー」と、0.3ミクロンもの微細な粒子を99.97%以上捕らえ部屋の空気よりもきれいな空気を排出する性能が人気。静音性とゴミ捨てのしやすさが劇的に進化!

2017年は、バッテリー駆動時間が10分短いスタンダードモデル【V7】も展開。V8・V7・V6合わせて全9ラインナップとなり、さらに選びやすくなった。

ゴミを逃さない新発想のヘッド・dyson fluffy【DC74】 お試しレポート>>

【関連サイト】
・ダイソン 掃除機・クリーナー(メーカー公式サイト)


【おすすめ掃除機・クリーナーのメーカー別特徴INDEX】
<国内メーカー>
シャープ:国産初のサイクロンクリーナーを発売
東芝:新サイクロン機構でコンパクトデルが充実
日立:いち早く排気クリーンに着目したメーカー
三菱電機:独自の機構で本格サイクロンを実現
パナソニック:かゆい所に手が届く細かな機能が特徴

<海外メーカー>
エレクトロラックス:世界で初めて掃除機を発表したスウェーデンのメーカー
ケルヒャー:高圧洗浄機の世界トップを誇るドイツのクリーナー専業メーカー

■メーカ別特徴のTOPページに戻る


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。