児童手当

児童手当はしっかり将来のために貯めておいてね、ママ・パパ!

2010年4月にスタートした、民主党(現民進党)の目玉政策「子ども手当」。マニフェストでは、中学修了前までの児童を養育している人に「月2万6000円を支給」という内容でしたが、半額の1万3000円しか実現しないまま、「子ども手当」は終了。2012年4月から、児童手当法を改正して児童手当として再スタートしました。

現在の児童手当の概要を整理しておきましょう。

児童手当の対象は?

児童手当の対象となるのは、中学校修了前(15歳到達後、最初の3月31日まで)の児童を養育している父母など。離婚協議中で父母が別居している場合は、同居しているほうが受け取ります。

継続的に児童福祉施設等に入所している場合は施設設置者、里親に育てられている場合は里親が受給します。

なお、児童については、「国内に居住していること」が要件です。海外にいても「留学中」の場合は対象となります。

児童手当の支給額

児童手当の支給額(1人あたり、1カ月分)は次の通りです。
  • 3歳未満 1万5000円
  • 3歳~小学校修了前
    …第1・2子 1万円
    …第3子以降 1万5000円
  • 中学生 1万円
  • 所得制限を超える場合 5000円(特例給付)

所得限度額をおさえよう!

2012年6月以降は所得制限が適用されています。

ここでいう「所得」とは給与とは異なります。
所得限度額と比較するための所得の計算方法は、【所得額】-【控除額】-【児童手当法施行令に定める控除額(8万円)】です。

なお、「所得」は一家の大黒柱の分で見ます。共働きであっても、合算する必要はありません。限度額は扶養家族の人数によって異なります。
児童手当の所得制限(出典:厚生労働省ホームページ)

児童手当の所得制限(出典:厚生労働省ホームページ)