秋は肌のお手入れに最適の時期!?

H

季節の変わり目は肌が揺らぐ

季節の変わり目は肌が揺らぎやすいものです。特に夏から秋にかけては、紫外線ダメージの蓄積や、気温の急激な低下により、毛穴の汚れやくすみ、なんだかシミが目立ってきた、タルミが気になる、などの悩みが多くなってきます。

秋の肌の状態は、夏の紫外線の影響によりメラニン生成が活発化してしまいます。でも、本来、肌が健康であればメラニンも正常に戻るもの。けれど、秋の肌は抵抗力が落ちていて、不安定でデリケートな状態のため、生成されたメラニンがそのまま肌内部に残り、シミなどが出来やすくなってしまうのです。

また、紫外線が表皮細胞に悪影響を与え、角質層に機能不全の細胞が多くなり、角質層における保湿機能やバリア機能が低下。それと同時に朝・夜の温度差も激しくなるので、肌が刺激を受けやすくなり乾燥や肌老化が加速されてしまいます。

と、悪い事ばかりを上げましたが、実は、秋は皮膚にとって穏やかな季節でもあり、体内の基礎代謝が高まる季節でもあります。炎症に対抗するホルモンの分泌も高まるため、実は、肌のお手入れをするには最適の時期なのです。

でも、なんとなく調子が悪い時はどのようにお手入れしたらいいのか、これまた悩んでしまいますよね。そんな時は、下記のようにポイントを絞ってお手入れしてみてはいかがでしょうか?


シミに対するお手入れ

G

知らない間にまぶたにシミが……

夏に受けた紫外線ダメージが出てくる今の時期こそ、美白のお手入れが肌の明暗を分けると言っても過言ではありません。スキンケアはなるべく美白系のものを使うようにしましょう。なかでも美白美容液はかなり重要。いつもより、ちょっと奮発してみるのもいいかもしれません。美容液を顔全体に馴染ませた後は、気になるところに重ね付けも忘れずに。

加えて、意外と侮れないのがまぶたの美白ケアです。まぶたは普段、目を開いている状態なので、自分自身ではなかなか見えないもの。そのためつい忘れてしまいがちですが、年齢を重ねると、知らない間にまぶたにシミが出来ていた……なんてことも。
そんな時は、まぶたもケアできる美白用のシートマスクがオススメです。いつものお手入れに週1回程度プラスしてみるとよいでしょう。


くすみに対するお手入れ

まずは、洗顔。スキンケアの基本と言われるだけあって、洗顔をしっかりするだけで肌の状態は変わってきます。たっぷりの泡で優しく洗えば、くすみも改善されるはず。
またプラスαとして、角質ケア用の洗い流すパックやマッサージなどを加えるのもいいでしょう。ただし、ピーリングは刺激が強いのであまりお勧めできません。


乾燥に対するお手入れ

F

たっぷり保湿してあげましょう

乾燥というと保湿をイメージしがちですが、まずは、ごわついた肌を柔らかくしてあげることが大切です。化粧水などのスキンケアが浸透しやすい肌にするため、地ならしをしてあげましょう。

そこで効果的なのが、入浴時に手軽にできる乳液やクリームを使ったパック。
洗顔後の肌に、乳液もしくはクリームを、少し厚みをつけて顔全体に塗ります。
そして、そのまま10分放置。洗い流す際に、軽くマッサージしてあげると血行も促進されてより効果的です。
そして、パック後は、なるべく時間を空けずに化粧水でたっぷり保湿をしてあげましょう。翌朝、乾燥していたのがウソみたいにしっとりしてきます。








※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。