オープン僅か2か月でミシュラン1つ星

外観

外観

TIRPSE(ティルプス)はカンテサンスの岸田周三氏から大橋直誉氏が店を譲り受け、2013年9月18日にオープンしたフランス料理店です。僅か2ヶ月でミシュラン1つ星を獲得して、注目されています。

大橋氏はパリ「VIVANT」「SOLA」などの注目日本人シェフやイタリア「オステリア・フランチェスカーナ」スーシェフであった徳吉洋二氏とコラボレーションしたり、「カンテサンス」「エスキス」といった名だたるフランス料理店の若手料理人を集めた食事会を行うなど、興味あるイベントも行っています。

「TIRPSE(ティルプス)」は、フランス語の「ESPRIT(エスプリ)」を逆さにしたもので、「フランスの精神を隠し持たせた」「日本・フランスだけではなく、世界中の郷土料理やそこにあるものを噛み直す」「世界的な歴史・文化を振りかえり、新たな価値・メッセージを創出していく」という想いが込められています。

次のページから、TIRPSEを詳しくご紹介しましょう。