待っていました、このアプローチ!

内羽根式ストレートチップ

Kenji Hashimoto Orthopedic Shoe Makerの作品の一例です。一見良い意味で極々普通の(と言うかとても綺麗な)内羽根式のストレートチップですが、医学的に正しい靴の要素が、なにげなくふんだんに盛り込まれているのです。

いわゆるビスポークの紳士靴の発注に踏み切った方が抱く、最も大きな「思い」とは、果して何でしょうか? 大多数の方にとって、それは恐らく「もっとカッコイイ靴が欲しい」とか「もっと自分の雰囲気に合った靴が欲しい」のような、一種の美的願望でしょう。ちょっと贅沢? いえいえ、この種の贅沢はとても自然で、大いに価値のあるものだと思います。何しろ靴が納品される以前の、どんな風に出来上がるかワクワクドキドキ待つ段階から存分に愉しめてしまうのですから。

一方で、「もっと歩き易い・動き易い靴が欲しい」がためにオーダーなされる方が、そろそろ増えて欲しいなぁ……とも私・飯野は思うのです。この種の靴への要望は正に靴の役割の根幹をなすものなのですが、残念ながら現状では、そのような思いに応えてくれる「受け皿」が、あまりに単層的な感が否めません。「健康」や「歩き良さ」を謳い文句にした紳士靴は、確かに数多く世に出ています。しかし「健康」への意識が強い故に、その種の靴はどうしても機能ばかりが優先され、デザインは二の次三の次で普遍性に欠けるものが主流。外に出るために欠かせない靴の筈なのに、デザイン故にその意欲が逆に減退する……。起きてはならないことですが、実際にはそんな寂しい事例も結構あるのではないでしょうか。

そんな現状に、まだ小さいながらも勢いの良い風穴を開けてくれそうなのが、今回ご紹介するKenji Hashimoto Orthopedic Shoe Makerの紳士靴です。アトリエがあるのは「楠公さん」こと湊川神社の目と鼻の先。そう、東京でも大阪でもなく、神戸です。
内装

アトリエの中を上の階からパチリ。吹き抜け上になっているので主宰する橋本氏と気楽に相談できる環境です。上の窓から自然光が入るので作業もし易そう!

次のページはKenji Hashimoto Orthopedic Shoe Makerのオーダーの仕組みなど!